archive: 2006年05月  1/1

*フランス人にとってコショウとは・・・?『コショウ発言』

                       5月19日付けの朝日新聞・経済欄におもしろい記事が載っていました。以下,抜粋です:                *       *        *『上限関税はコショウだ』多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の行司役である世界貿易機関(WTO)のラミー事務局長の発言の解釈をめぐって,農水省内が二分している。『コショウ発言』が飛び出したのは,今月1日。ジュネー...

  •  10
  •  1

* カモミールその後

我が家のカモミールその後,です。かわいいふたばの後は,カモミールっぽい(?)葉っぱが出てきました。赤ちゃんが,空に向かって,精一杯てのひらを広げているみたい。どんどん大きくなったので,もっと広いプランターに1本1本,植え替えました。種の袋には,『間引きして,丈夫な苗を残して・・・』と書いてある。でも,いっしょうけんめい生きている小さな芽たちは,大小の差こそあれ,みんな等しくかわいくて。とてもじゃな...

  •  8
  •  0

*悩ましきフレンチヴィンテージボタンたち。

ヤフゥの方では,ピンクのヴィンテージボタンを載せたので,コチラではグリーンを。フランスでは,昔の工場やお店から掘り出されたボタンは,しつけ糸でシートに縫いつけられたままでアンティーク屋さんやブロカントで売られています。それは,シートには,その当時の情報がたくさん詰まっているから。レトロなイラスト。・・・ああ,このボタンは冬物のコートのために作られたんだ・・・。ボタンを作った工場名や国名。シートを印...

  •  6
  •  0

*カモミールの芽が出ました。

最近,ちょっぴりお硬い記事が続いたので,今夜はのんびりと・・・。(管理人も試験明けで,たれぱんだ状態ですので・・・)ハーブって,ふつう,苗を買って育てるのですね。知らなかった・・・。初心者なのに,種を蒔くなんてかなり無謀だったのかも。でも,ちゃんと芽が出ました。とってもちっちゃくて,ほんとにかわいい。やっぱり,苗から育てるより,種を蒔いて育てる方がもっともっと,愛情が湧く気がします。(ちゃんと育て...

  •  10
  •  0

*仏内相ニコラ・サルコジは,去るか,残るか?

                       今日は,XY新聞さんという方からリクエストを頂いたル・モンドの記事を紹介します。『 抄訳で 』,とおっしゃってくださったのですが,結局,全訳になってしまいました。長くて読みづらいかもしれません。ごめんなさい・・・。      * * * これまでのあらすじ * * *フランス首相ド・ヴィルパンがシラク大統領と共謀して,内務大臣かつ与党UMP党首でもあるニコラ・サル...

  •  8
  •  0

*シラク大統領,日本に隠し口座・・・?

                                                                           さて,フランスの大物政治家たちが,クリアストリーム事件ですったもんだしている間に,超・シュールな政治風刺画で有名な仏紙『カナール・アンシェネ紙』(鎖につながれたアヒル,というイミ)が,やってくれました。       『シラクが日本の銀行口座に,大金を...

  •  8
  •  0

*フランスの公務員はムール貝?

                         今日,france infoを何気なく聴いていたら,最近のクリアストリーム事件について,街の人たちの声を紹介していました。その中で,パリに住んでいるある婦人は,『クリアストリーム事件は,とても複雑ね。毎朝エピソードをひとつでも逃すと,もうついていけなくなるから大変だわ!』と言っていて,思わず笑ってしまいました。フランス人にとっても,やっぱり複雑なのですね。ち...

  •  6
  •  0

* クリアストリーム事件をめぐる疑問。その3

                         そろそろ,結末が見えてきた感のある,クリアストリーム事件。どうやら,この事件で最終的に笑うのは,ニコラ・サルコジ内相。そして,華やかな大統領候補の座から転がり落ちるのは,ドミニク・ド・ヴィルパン内相かもしれない。でもその前に,複雑怪奇なこの事件のおさらいです。ル・モンド紙より抜粋。*   *   *   *   *   *   *   * 『 クリアストリ...

  •  10
  •  0

*ル・モンドとフィガロの背後で糸を引く者たちとは・・・。

                  さて,そろそろ決着が着きそうな気配のクリアストリーム事件だけど,今日付の朝日新聞朝刊の国際欄で,興味深い記事を見つけました。プロローグだけを以下抜粋:『ドビルパン仏首相が,政敵サルコジ内相の醜聞を情報機関に探らせたとされる疑惑で(←注:クリアストリーム事件のこと),ルモンド,フィガロの二紙が対照的な報道を続けている。首相に不利な特ダネを連発するルモンドと,単独会...

  •  8
  •  1

*フランスの国会質疑はエレガントである。(かもしれない)

                                                   さくさく2回目。さて,フランスの国会質疑は日本と違って,言葉遣いやボキャブラリーがエレガントだと,秘かに思っている管理人です。5月2日,France2の夜のニュースで,国会におけるクリアストリーム事件 の質疑応答が報道されたので,ご紹介。この事件で,政敵サルコジを排除しようとした,と非難が集中しているド...

  •  4
  •  0

*すでにドロドロ。クリアストリーム事件。

                       新カテゴリー『フランスメディア斜め読み』,さっさと第一号です。まずは,今フランス政治界を震撼させている,『 クリアストリーム事件 』(*注1)の概要のおさらいから。★注1:クリアストリーム事件台湾政府へのフリゲート艦(対潜護衛鑑)売却に関し, 海外振込を専門に扱うルクセンブルク(リュクサンブール)の金融機関 クリアストリームを通じて内務大臣ニコラ・サルコジが...

  •  2
  •  0

*新ブログ『フランスメディア斜め読み』のゆく先は。

No image

                   『3つめの新しいブログを作る!!』・・・と,ひとりではりきっていたのだけど,実は・・・頓挫しました。せっかくブログタイトルまで考えたのにね・・・生来のめんどくがり屋の管理人が,3つのブログをキチンと同時に運営できるわけがないからです。←もっと早く気づけ。じゃあどうするか,というと,新ブログを,既存のブログに混ぜることにしました。(←つまり,新しいカテゴリを作る)...

  •  4
  •  0