archive: 2006年11月  1/1

* パリのとある昼下がりの,小さな訪問者。

* photographié par qp de parisぼくは,パリのはしっこの,小さなアパルトマンに住んでいる。公園を見渡すぼくの隠れ家には,前ぶれもなしに,いろんな来訪者がやってくる。パリの天気は,とても気まぐれで,まるで気分屋のパリジャンのよう。(自分で言うのも何だが)ある日の午後,突然,空が真っ暗になり,強い雨が降ってきた。ふと窓に視線を投げると,いつのまにか,ずぶぬれのハトが窓際で丸くなっていた。近づいて...

  •  6
  •  0

* ポール・カ を着た悪魔?-- セゴレーヌ・ロワイヤル (ルモンドより)

                                           これまでフランス大統領候補 セゴレーヌ・ロワイヤル女史の記事をちょこちょこ紹介してきましたが,肝心なコトを忘れてました。(←おい。)『 セゴレーヌ・ロワイヤル とは,一体ナニモノなのか? 』フランス全土に『 ロワイヤル現象 』を巻き起こし,一時は2007年の次期大統領当選が”ほぼ確実”とまで言われていたニコラ・サルコジ内相を...

  •  2
  •  0

* セゴレーヌ・ロワイヤル 正式に大統領候補に (ルモンド社説)

                                              最近のセゴレーヌ・ロワイヤルさんの躍進はめざましいばかり。また,フランスの最大野党である社会党の唯一の女性大統領候補として注目されるほどに,いきいきと輝きを増してゆく様は,口の悪いフランスメディアも認めるところ。そして今月16日深夜(フランス時間),大ベテランのライバル達(ロラン・ファビウスと,DSKことドミ...

  •  0
  •  0

*さようなら,秋。

image by © bébépiupiu*秋は,あまりにも短くて,晩夏と初冬の間に確かに存在するはずなのに,気が付くと,次の季節になっている。朝,きれいに掃き清められていた並木道も,夜には,赤や黄色の鮮やかな絨毯で敷き詰められた。毎朝早くから,道を掃除してくれるおじいさんには悪いのだけど。その秋の贈り物を踏みしめる間もなく,クリスマスを我先に祝おうと華やぐ街の,なんて気の早いこと。ほらね。秋は,ど...

  •  8
  •  0

ぺったん,ぺったん,秋の夜長。

image by © bébépiupiu*秋の夜長。ひんやりとした風が肌を刺し,開けっ放しの窓にようやく気付く。そんな日の長い夜は,久しぶりに,遠い友人に手紙をしたためてみたり,読みかけになっていた小説の頁ページを繰ってみたり。フランスのアンティークのはんこ。アルファベットのスタンプは,それこそいろんな字体があるけれど,ちいさくて,繊細で,優雅な曲線をえがくフォルムが,すきです。H(アッシュ)をイ...

  •  6
  •  0

* フランスメディアから見た日本の新首相 / リベラシオン紙より

日本政府はアメリカからどう評価されるかばかり気にしているようですが,実はヨーロッパからは、かなりシビアに分析されてます。ちなみにフランスは日本とは異なり,国民が大統領を直接選出するので,大統領への関心と情熱は並大抵のものではありません。そんな国のジャーナリストが日本の国家の長に向ける視線はさすがに厳しく,さまざまな示唆に富んだものになっているようです。『 Fantômes --幻影-- 』 Pierre HASKI著 ...

  •  5
  •  0