archive: 2007年06月  1/1

*今フランス社会党で何が起こっているのか?---反ロワイヤル傾向の激化。

image by © Le Monde  社会党で派閥闘争を繰り広げるライバルたち。最後に笑うのは・・・?ファビウス元首相    ドラノエ(パリ市長)   オランド書記長      ロワイヤル    DSK元財務大臣さて,総選挙ではドラマチックな逆転劇を展開してみせた社会党。そして同時にロワイヤル&オランド夫妻のプライベートでの破綻公表から数日後,フランス社会党全国理事会は圧倒的多数で,党首オランド発案の動議を...

  •  14
  •  0

* フランス下院選---総評 / 野党,起死回生の一撃

image by © France 2  フランス下院選の結果による国会の議席配分UMP=与党,PS=社会党,LCN=新中道派,PCF=フランス共産党,DVD=連立右派,MoDem=民主運動(中道派/旧UDF),VERTS=緑の党(左派),MPF=フランスのための運動(極右)すっかり遅くなってしまいましたが,総選挙(下院選)決選投票の結果です。第一回投票の時点では,与党が破竹の勢いで国会議席を独占するだろう,と言われていたけれど,なんと決選投票...

  •  24
  •  0

* セゴレーヌ・ロワイヤル&フランソワ・オランドの別離の舞台裏

photo by © Le Monde* 下院選の総評より前にゴシップ記事かよ・・・と呆れられそうですが,こちらの記事の方を先に書き上げてしまいました・・・(今回は訳ではないので早かったのです)。というわけで,下院選の総評と分析は次回に書きますね。もし万が一待ってくださっていた方がいらしたらごめんなさい。 下院選挙で社会党が与党の圧勝を阻止し,社会党支持者たちに笑顔が戻ったのも束の間,かつてフランス政界きってのお...

  •  40
  •  0

* フランス社会党の進むべき道とは? / カンガルーVS.エレファント

photo by © Le Monde社会党 セゴレーヌ・ロワイヤル今日(日曜日)が,フランス総選挙(下院選)の決選投票日です。勝敗は第一回投票ですでに決した感は否めないけれど,今回注目すべきは,前回で過半数を獲得できなかった,当選ギリギリのラインにいる著名な政治家たち。たとえば,かつてのシラクの右腕で現在内閣ナンバー2のアラン・ジュペ,社会党重鎮のDSKことストロス=カン(対決相手はテレビ番組で有名な与党の女性...

  •  28
  •  0

* オルトフーの移民規制法,その真意とは・・・?

photo by © Le Mondeサルコジの側近中の側近,移民相ブリス・オルトフー( Brice Hortefeux )オルトフー移民大臣が提出した移民規制強化に関する法案が,さまざまな波紋を呼んでいます。これに関してサルコジ大統領と蜜月の関係にあるラガルデール・グループが大株主の,ル・モンド紙がおとなしいのは仕方ないけれど,あのL'EXPRESS紙ディレクター,バルビエ氏のビデオ社説までもが妙に歯切れが悪いのが,なんだか気がかりです...

  •  8
  •  0

* フランス総選挙 / 与党圧勝,野党惨敗

image by © Yahoo.fr  フランス総選挙の投票所にてもはや何も言うまい・・・と毎回思いつつ,つい言ってしまうのが管理人の悪いクセなのです。。。というわけで,以下,昨日(10日)に行われたフランス総選挙(下院選)の第一回投票結果として,France2の記事を中心に,他メディアからの情報を補足して訳しておきます。*   *   *   *   *   *   *   *  『 青い旋風 』 "UMP: la déferlant...

  •  2
  •  0

* フランス総選挙いろいろ / たまにはビジュアル路線?

photo by © rue89社会党 / マチュー・クライン ( Mathieu Klein )     与党 / ロラン・エナール ( Laurent Hénart )明日10日に行われる5年ぶりのフランスの国民議会(下院)選挙。( 得票が過半数に満たない場合は17日に決戦投票) ”定数577議席のうち,サルコジ大統領率いる与党が400議席以上を獲得し圧勝”というシナリオが,大方のメディアの予測であり世論調査が示すところでもあるのは,前回お話したと...

  •  6
  •  0

* サルコランド---ニコラ・サルコジの最強コネクション

photo by © Les Guignols de l'Info / CANAL+                          フランス大統領選からひと息つくひまもなく,週末には総選挙です。サルコジ大統領は与党(国民運動連合 / UMP)の過半数獲得を狙うどころか,フランス政治史上最高の勝利を目指し,大統領選勝利の勢いをかり,”攻め”の選挙運動を展開。最大の抵抗勢力である社会党は,内紛の収拾がつかないまま自滅しかねない状態。中道派...

  •  0
  •  0

*ル・モンドの女性記者によるベストセラー本は,ロワイヤル&オランド夫妻のプライバシーを侵害するか?

                      社会党の名物カップル,セゴレーヌ・ロワイヤルとフランソワ・オランド書記長の,大統領選の裏側から私生活までを赤裸々につづった話題作 『 ラ・ファム・ファタル 』( 男を破滅に導く魔性の女,という意味)。ル・モンドの有名女性記者2人が書いたこの本は,以前の記事(キーワード欄)でもすこし紹介しましたが,さまざまな物議を醸しているようです。今日はリベラシオン紙から,...

  •  2
  •  0