archive: 2007年10月  1/1

サルコジ的メソッドの代償 /サルコジにみる円滑な制度改革の進め方 【後編】

* images by © Le Mondeフィヨン首相とサルコジ大統領サルコジ夫妻の離婚騒動で中断していた記事(の訳)の後編です。・・・いや,そんなことで中断するなよ!・・・ってかんじですが。ちなみに,ラシダ・ダティ法務大臣といえばセシリアから”妹のように”かわいがられていることでも有名だけど,ダティ女史はただでさえ法曹界から反発が強いのに,セシリアがいなくなっても大丈夫?(マリオネット番組や仏週刊誌によると,セ...

  •  8
  •  0

* セシリア,権力より自由を愛した女性---サルコジ夫妻の離婚 【後半】

ELLE最新号はセシリアの独占インタビュー前編からのつづきです。ちなみに,リスボンのEU首脳会議の記者会見で,ル・モンド紙のジャーナリストから離婚の件を問われたサルコジさん。不快感も露わに,『 ル・モンドほどの偉大な新聞がEUよりも私の私生活に興味があるとはね。(中略)あえて言わせてもらえれば,(君たちジャーナリストには)もうすこしエレガントであってほしいものだ 』・・・エレガント?いや,アナタにだけは...

  •  6
  •  0

* セシリア,権力より自由を愛した女性---サルコジ夫妻の離婚 【前編】

* images by © L'EXPRESSNicolas et Cécilia Sarkozyこのふたり,なんだかんだと言っても結局は離婚しないと思っていたのだけど・・・。だってセシリアは自由と同じくらい権力を愛していると思っていたから。まあ今にして思えば2年前,セシリアが当時恋人だった広告会社社長とNYに逃避行した時点で,夫サルコジとは二度と修復不可能だったのかもしれません・・・。いずれにせよ,フランス大統領夫人の座を惜しげもな...

  •  12
  •  0

* VOYAGE8 --- パリの日曜日はマレ地区で ---

image by © bébépiupiu*(前回の記事の続編(後編)の訳ができあがるまで,しばしこの写真でお茶を濁させてくださいまし・・・)去年の12月,元貴族の館が立ち並ぶパリ4区のマレ地区にて。ピカソ美術館近くの,この薄暗い小さなカフェでは,ふっくらグラマラスなキッシュやタルトたちが,今日も変わらずウィンドウケースの中から道ゆく人々を誘惑しています。マレに行った,ということは,その日はかなりの...

  •  0
  •  0

* サルコジにみる円滑な制度改革の進め方 【前編】

* images by © Le MondeNicolas Sarkozyイノシシも真っ青!の勢いで突き進むサルコジさん,あまりのスピードとパワーにもう誰もついていけない?(笑)ついでに,国民の支持も離れてゆくかもしれないけれど。年金制度改革に公務員制度改革など,”痛みをともなう”改革を次々・・・どころか,同時進行でゴリ押ししてくるサルコジに,労働組合や野党も息つくヒマもないようです。*   *   *   *   *   *   * ...

  •  8
  •  0

* Zazie --- 男の子になりたかったフランスの歌姫

* illustration by fuwafuwa_li                           Zazie(ザジ)は,ちょっと変わってる。女の子っぽく見られるのがきらい。人と同じように見られるのが,きらい。『 地下鉄のザジ 』の少女の名をあだ名に持ち,どこか哲学的で,世の中の矛盾に敏感で,それを軽やかに,ハスキーな歌声にのせる。ポップなのに,どこかロックなのは,それが”ザジ”だから。ドレスじゃなくて、鍛え抜かれた体をタ...

  •  4
  •  0