archive: 2009年02月  1/1

【VOYAGE Vol.13】 サルコジ探してメルヴィルを得る

photo © bébépiupiu*   【以下,2008年11月下旬時点のお話です】実は。諦めていませんでした。例のサルコジさんブードゥー人形。(また友達減りそう・・・)ただ,購入についてはさすがに倫理的に自粛すべきかと思うのですが(何を今さら)とにかくフランス滞在中に一度,現物を見ておきたい,と。でも,すでに店頭から撤去されたのか,パリの街中の小さな書店などでは,なかなか見つかりません。そんなわ...

  •  closed
  •  closed

【VOYAGE Vol.12】   まだまだ散歩中

*photographed by © bébépiupiu* / fin novembre 2008 【 2008年11月下旬,マレ地区にて 】またマレにいます。様々な異文化が共存するこの小さな地区は,何度行っても飽きません。目に留まったのは,通りに軒を連ねるバー・レストランのひとつ。夕方だったのでまだ準備中のようでしたが,お店の外に出されたメニューを眺めているだけでお腹が鳴りそうです・・・。ビストロやカフェの黒板に書かれた手書きのメ...

  •  closed
  •  closed

【ひよカテ】      中川さんとサルコジさんの共通点

旅日記の途中ではありますが。中川財務大臣のG7後の泥酔(?)記者会見を見て,一昨年夏,ハイリゲンダムで開催されたG8でのサルコジ大統領の記者会見を思い出したのはわたしだけではないはず・・・。まあ,あれはプーチンさんが飲ませたお酒(ウォッカ?)のせいかもしれないけれど,それにしても,彼の酔っ払いぶりは話題になりましたよね。ただ,少なくともサルコジさんは,不眠不休で各国の首脳に根回しをして合意を取り付け,...

  •  closed
  •  closed

【VOYAGE Vol.11】   ジレンマだけど

*photographed by © bébépiupiu* / fin novembre 2008 【 2008年11月下旬,ウィンドウ越しに 】今回も,アクセサリーデザイナーjuncoさんの,”junco paris”のアトリエ兼ショップにやって来ました。ここは,マレのはずれにあるこのポワトゥ通り(Rue de Poitou)。以前,わたしがパリに住んで間もない頃は昔ながらの工具店以外には何もない,閑静な通りでした。その後,マレの中心部がショップやギャラリーの集...

  •  closed
  •  closed

【VOYAGE Vol.10】   JAZ時計を守った小鳥

*photographed by © bébépiupiu* / fin novembre 2008 【 2008年11月下旬,パリ 】70'sコレクターのパリの知人宅にて。JAZ(ジャズ)のアンティークの掛け時計をもっている人は,わたしのまわりにも意外に多いようです。この時計も,セブンティーズの家具で統一した部屋にとてもよく馴染んでいました。1910年,パリで生まれた時計メーカーJAZは,時代の流れをていねいに汲み取りながら,さまざまなデザインの...

  •  4
  •  0

【VOYAGE Vol.9 】 あのコンシエルジュリーはどこへ

ルコック関連でさんざんいらぬ寄り道をしたため,すっかり 「今一体どこにいるんだよ?」状態に。なので,ちょっとベタですがセーヌ河岸で撮った写真で無理やり”パリ”を強調しておきます。さて,写真左,隅っこにお城のような建物が見えるでしょうか?フランス革命後,王妃マリー=アントワネットが断頭台の露と消える直前まで収監されていた牢獄,”コンシエルジュリー”(Conciergerie)です。特に革命後の恐怖政治の間は,コンシエ...

  •  2
  •  0

【VOYAGE Vol.8-4】 ルコックおかいもの偏

今回,ルコック・スポルティフのパリ店で選んだ服を,スタッフの方がかわいらしく包んでくれました。オリジナルの布に,黒のリボンが縫い付けてあります。ピンクの生地にプリントされているのは,黒の・・・水玉模様?でも,よおーく見ると・・・。ニワトリがぎっしり!(・・・見えますか?)かわいいです。しかし。新生ルコックが,かわいいだけで終わるはずがなく。今回のお買い物についてきた「おまけ」は・・・↓↓↓どーん。や...

  •  2
  •  0