archive: 2009年11月  1/1

【VOYAGE Vol.24】 Chinon 3 シノンの街角

photo © bébépiupiu*/ fin novembre 2008 優雅な曲線が美しい、鉄製の看板「その2」です。こんなレトロな看板が好きで、お店があると、つい上を見ては探してしまいます。たとえお店がなくなってしまっても、美しい看板は街の歴史的財産として可能な限り残すのがフランス式のようです。(条例で保護されている地域もあります)細く長い道を、あちこち見ながら歩いているうちに日は完全に暮れて、夜になってい...

  •  0
  •  0

【VOYAGE Vol.23】 Chinon 2  シノンの守護神?

photo © bébépiupiu*/ fin novembre 2008 丘の上の古城から街に降りて、夜の闇に沈む前の旧市街を散策しました。とはいっても、冷たい雨で石畳はしっとりとぬれ、冷気がブーツの底から伝わってくるほどの寒さ。狭く細い道を足早に進む異邦人たちを頭上から見下ろしていたのは・・・。魔物か、ドラゴンか。その上のシンメトリーにデザインされた飾りはMusée(ミュゼ)と読めるので、美術館なのでしょう...

  •  0
  •  0

【VOYAGE Vol.22】    Chinon

photo © bébépiupiu*/ fin novembre 2008 フランス中部、アンドル・エ・ロワール( Indre-et-Loire) 県に位置するシノンにやって来ました。今から1年前に・・・。シノンと言えば、赤とロゼのワインでも有名ですよね。この日も、車から一歩も降りたくないほど寒かったので、車で古城まで上りました。確かシーズンオフのため、お城の中は見学できず。でも、真冬のお城の内部は凍えるように寒いので、もうどうで...

  •  0
  •  0

*  墨檜

photo © bébépiupiu* 1er novembre 2009新宿の小田急に用事がある時は、つい地下まで降りて、買ってしまいます。墨檜(すみのえ)のチョコレートパン。せわしない地下のメトロ食堂街、というなんとも不思議(?)な場所にあるのですけど・・・。正統派バゲットの生地の中に、大きめにカットされた、常温でもやわらかいチョコレートがざくざく入ってます。硬質の皮に、しっとりきめ細かな生地、ガナッシュに近...

  •  4
  •  0