* 古傷を呼び起こすものたち -- リベラシオン紙と靖国問題  --

                         
                         
今日は,いつもお世話になっているshikahikoさん
『小泉首相の靖国参拝を批判したフランスのリベラシオン紙に,日本大使館が反論文の掲載要求をした』
と教えてくださったので,問題になった記事を探してみました。( ※ 詳細情報はコチラ
とても興味深い内容だったので,以下に訳してみますね:

"Vieux démons" ( * 訳注① )( Édito de Libération par Gérard DUPUY )
『 旧悪 ---古傷を呼び起こすものたち---』 *ジェラール・デュピュイ著 / 9月16日付リベラシオン紙社説

小泉首相---権力の座からじきに降りるのだが---については,その風変わりな外見と髪型にかける情熱だけを記憶に留めておきたかった。残念ながらそのヘアスタイルを除けば,小泉氏はヨーロッパ政治界で非常に有名な,ある人物にとても似通っている。ヨルグ・ハイダー(* 訳注②)だ。彼らの共通点は,超自由主義(ウルトラ・リベラリズム)と懐古主義的ノスタルジーであり,それには人類に対する犯罪(もちろん巧みに暗号化しているが)を賛美する傾向が見られる。ハイダーが権力の座につき,ドイツ帝国議会(* 訳注③)の犠牲者たちに挑発的なジェスチャーをしてみせるなどと,誰が想像できるだろうか?小泉氏がしたこと---日本帝国主義の犠牲になった中国人や韓国人(その他)の人々に対して,軍人を祀る靖国神社に参拝したということ---は,それとほぼ同じことなのだ。

この小泉氏の挑発は,これまでメディアで報道された数々の扇動的な行動の中でも看過できないばかりか,まさに彼の政治的遺言といえるものだ。靖国神社に燕尾服を着用して参拝した,ということは,小泉氏がそれを半ば公的な性格のものとして印象づけようとしたことを示している。(日本憲法を遵守するならば,私的な訪問にとどめるべきである。)それはまさに,中国を危険な存在であると暗示し,日本のナショナリズムを攻撃的な方向に結集させるものだ。確かに,中国の急速な発展と加速する軍事整備を過小評価してはならない。しかし,靖国の過去の亡霊たちを目覚めさせることは,将来に備える最悪の方法であり,近年の北京における偏狭なナショナリズムの回帰を正当化する以外の何ものでもない。

2005年にUMP(* 訳注④)が可決した,植民地化政策を好意的に解釈しようとする卑劣な法律からも明らかなように,史実修正主義が非常に流行している。さすがに小泉氏は,自身が敬意を表する戦争犯罪を公の場で肯定的に話したりはしないだろう。しかし,その意図は同じ---それは,記憶のひだにやさしく封印されたはずの戦争を,布告することである。

*訳注①:タイトルのVieux démons(ヴィユー・デモン)は,直訳では” 年老いた悪魔 ”だが,『 何かあると表面化して不和の種になる旧悪 』 (白水社 Le DICOより)を指す慣用表現。記事中では,いまなお中国や韓国との軋轢の原因となっている,日本の過去の戦争犯罪を指していると思われる。靖国神社に祀られているA級戦犯を暗に” 年老いた悪魔 ”と揶揄して,二重の意味を含ませた掛詞(かけことば)でもあるようです。
*訳注②:オーストリア自由党党首。排外主義を党是の一つとする極右思想で知られる。
*訳注③:ここでは,ナチス・ドイツの第三帝国(1933-1945)のこと。
*訳注④:国民運動連合。現フランス与党であり,保守派。総裁はニコラ・サルコジ内相。

首相の靖国参拝は,さまざまな思惑や思想が絡んだ非常にデリケートな問題だけど,
この複雑きわまりないテーマに真正面から取り組んだ,果敢な社説ではないでしょうか。。。
shikahikoさん,貴重な情報をどうもありがとうございました^-^*

16 Comments

shikahiko  

ベベピウピウさん、早速ありがとうございました<(__)>
僕はこの報道、全くその通りだと思います。
日本人は戦争責任問題に余りにも鈍感だと思います。
ドイツはナチスの戦争責任について時効を適用せず、未だに追及しているのに、
日本は15年も経たないうちに戦犯を首相にしちゃった国だものね。
しかし、日本政府はどんな反論を掲載するつもりなのだろう。
その歴史認識のハチャメチャさを世界に公表し、顰蹙を買うのは目に見えているのにね(>_<)

2006/09/06 (Wed) 15:18 | EDIT | REPLY |   

modernosaka  

この記事に否定的な気持ちはありませんが、しかし小泉首相はハッキリと不戦の誓いを明言しています。「国を守る為」という大義のためだからこそ命を懸けることができた多くの兵隊さんたち(我々の先祖)の前でそれを明言するから意義があると思います。日本の戦争責任についても、戦時中の日本軍の残虐行為とされている話が実は信憑性の薄い、中国(一党独裁的社会主義国)の作り話であることがわかってきているらしいですよ。なかば歴史的事実とされてしまったことをそのまま信じ込んでしまっていいのでしょうか?僕は必要以上に自分の先祖を貶めることはしたくありません。A級戦犯というのも、なにをもってA級戦犯なのか、A級戦犯になったにも関わらず死刑にならなかった人間がいるというのはどういうことなのか・・・あまりにも今までの日本人は本当のことを知らないにも関わらず、根拠無く反省してはいないでしょうか?

2006/09/07 (Thu) 03:39 | EDIT | REPLY |   

shikahiko  

過去の歴史を隠蔽しようとする工作は、ドイツでもありますね。
そのほうが都合が良いからです。
「作り話であることがわかってきているらしい」とは、それこそ何を根拠に言っているのですか?
裁いた側の一部が、今度はその人々を利用しようとしたから、
「戦犯解除」などということが起こるのです。
アメリカは嘗て自ら育て利用したビンラディンやイラン、アフガンなどの政権を、
その後叩き潰そうとやっきになっている。その逆の構図です。
たしかに日本人は、歴史や現代政治の動きをまともに見ようとしていませんね。

2006/09/07 (Thu) 08:30 | EDIT | REPLY |   

shikahiko  

あ、書き忘れました。
日本の中国における残虐行為が暴かれたのは、中国が一党独裁になる前の、
国民党政権時代であったことをおぼえておくべきでしょうね。

2006/09/07 (Thu) 08:43 | EDIT | REPLY |   

modernosaka  

以下、すべて受け売りです。僕はその時代を生きていないし、その現場に立ち会っていないので、それが真実かどうか確かめる術が無いので。
・・・「南京大虐殺」はニセ写真の宝庫である。厳密な資料批判に耐え、「これが日本軍による民間人大量虐殺の証拠」といえる写真はまだ一枚も出てきていない。・・・
・・・
戦後すぐに中国国民党が発表した日中戦争全体の犠牲者は438万人だったが、何の根拠も無くこの数はどんどん膨らみ、いつの間にか1000万人を超え、1985年の「抗日勝利40周年記念会」では2100万人と公式発表、そして現在は3500万人になっている。
・・・
終戦直後、中国国民政府は東京裁判に備え、南京の中国人に日本軍の犯罪を申告するよう呼びかけた。ところが申告する者「甚だ少き」ばかりか調査をすると唖然として「口を噤みて語らざる者」や虐殺を「否認する者」までいた。2ヵ月半調査して、目撃証言は一件しかなかった。(・・・中国国民政府が東京裁判に提出した調査報告。)
・・・
「東京裁判」が国際法上の根拠を持たない戦勝国による野蛮な報復の儀式にすぎないことは、パール判事(裁判官の中で唯一の国際法専門家)の判決文はもちろん、今では世界中の法学者の常識である。

・・・これらの情報がすべて真実とは思いません。
僕はその場に立ち会っていませんし、見ていませんから。
・・・「東京裁判」が、戦勝国側のリンチ裁判であり、BC級戦犯が1061人も死刑にされながらA級戦犯が「戦犯解除」されるという事実からも、いかにいいかげんなものだったかがわかります。

僕は、歴史的事実とされてしまったことや、マスコミ報道は話半分で聞くようにしています。
見ていませんから。

2006/09/07 (Thu) 12:19 | EDIT | REPLY |   

shikahiko  

「東京裁判」が戦勝国による報復裁判であったことは間違いありません。
マスコミ報道を話し半分以下に聞くべきだという指摘も正しいと思います。
今から20年ほど前に南京大虐殺はなかったとする本が大量に出版され、
店頭に平積みされた時期がありました。
まさにあなたが列挙された内容そのままでしたが、
いつの間にか出てきた時と同じように、あっという間に姿を消しましたね。
もし史実を覆すに足りる証拠があるのならばそれを提出し、書き換えれば良いのです。
ところが、一番そうしたいはずの日本政府は、それらの根拠を提出できないようですね。
僕が言いたいことは、それで充分だと思います。

2006/09/07 (Thu) 13:23 | EDIT | REPLY |   

かっちゃん  

難しい問題ですねぇ…国内ですらこういう問題にはすぐフタをしたがる人やメディア(とある番組夜中にやっています)では主題としながらも答えを出さずに別の方向にいって…見ている人をあおるだけ…一つずつ絡まった糸をほぐすように解決していかないと…ちょっと国外からの発言も多すぎることは確かだと思うのですが…
日本ではよく、昔から死んだ人は「仏様」になるなんていいますが、そういう思想(考え方)は海外の人には理解できないのでしょうか?悪いことは悪い、でも、過剰な追求にはなんか納得できないように思うのは僕だけでしょうか?僕も東京裁判は確かにアメリカ主導で行われたものであったことは確かだと思います。自分達の国でありながら敗戦国という立場だけで何の権利もなかったのですから…(負けた時点でアメリカの一部になっていたら…また違っていたんでしょうね…想像できませんが…)

2006/09/07 (Thu) 15:17 | EDIT | REPLY |   

modernosaka  

社会主義国の中国が、はたして日本政府に調査を許すのか、許したとして、文革後の中国に、史実を覆すに足りる証拠が残っているのか、難しそうですね。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%8C%96%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD

2006/09/07 (Thu) 16:26 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-275 ・・・出遅れ?

あわわ・・・
いつのまに。。。

とても複雑なテーマだけに,
さまざまな意見が出てくるのは,ある意味必然ですよね。

えっと・・・,どうやってレスしましょう?i-229
この場合,わたしのレスはほぼ必要ないとは思うのですけど,
それぞれの貴重な意見を聞かせて頂いたお礼だけでも・・・^-^*

というわけで,以下にレスさせてくださいねi-265

2006/09/07 (Thu) 18:20 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-77 to: shikahikoさん

さっそく読んでくださって,ありがとうございましたi-265

それにしても,リベラシオンがここまでの記事を書くなんて,
正直,びっくりしました。。。
それだけ,靖国問題が日本と近隣アジア諸国間だけではなく,
今や世界から注目されている外交問題となっていることを示しているのでしょうね。
それだけに,日本の政治家達は細心の注意を払って
行動,発言することが求められていると思います。

史実修正主義それ自体も,
これから十分に議論されるべき,新たな現象のようですね。
shikahikoさんとmodernosakaさん,かっちゃんのコメントを読みながら,
この問題の難しさと複雑さを改めて考えさせられました。

それにしてもみなさん,
その辺の歴史にもとても精通されていらっしゃるようですね。
まだまだ自分の勉強不足を実感させられます・・・i-230

2006/09/07 (Thu) 18:25 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-77 to: modernosakaさん

modernosakaさん,こんばんは!

靖国問題は,とても複雑な問題なので意見が分かれるところですよね。
確かに,このリベラシオンの社説はとても手厳しい論調です。
デリケートなテーマだけに,訳にも細心の注意を払って正確を期したつもりですが,
なかなか難しくて・・・i-241

史実修正主義については,やはりいろんな意見があるのですね。
確かに過去の事実を実証するのはとても難しいことですし,
正確な資料や証言に基づいた,歴史家たちの公正な研究結果を待ちたいものです。

真偽入り交じった膨大な情報が氾濫する昨今,
その中から必要と思われる情報を取捨選択して(それも大変な作業ですが・・・)
自分自身の考えを構築することが求められているのでしょうね。

わたし自身,本当に勉強不足なので
今回を機会にもっと学ばなくては・・・と思っています。
こんなふうに様々な興味深い意見を聞くことができて,勉強になりますi-220
貴重なご意見をお寄せいただき,ありがとうございました^-^*

2006/09/07 (Thu) 18:30 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-40 to: かっちゃん

かっちゃん,
ほんと,おっしゃるとおりとても難しい問題だと思います。。。

人それぞれ,様々な考えや意見を持って当然ですものね。
でも,自分と異なる意見にもすすんで耳を傾け,
お互いに冷静に議論しあえる柔軟な姿勢と
それをはぐくむ土壌がきちんと存在する限り,
きっとわたしたちは,これからも建設的に物事を考えてゆけるはず。

そして,議論というプロセスを踏むことで
さらに興味深い考えや情報を得られるかもしれないし,
自分の考えをより磨くことができたらいいな,と思います^-^*

夜中の番組って?気になりますー。
最近TVをほとんど観てないので,スゴク疎いんです・・・i-240

2006/09/07 (Thu) 18:32 | EDIT | REPLY |   

shikahiko  

そういえば、今度韓国と中国が歴史のすりあわせをするとニュースでやってましたね。資料の管理は日本ほどいい加減ではないようですね。

2006/09/07 (Thu) 22:41 | EDIT | REPLY |   

modernosaka  

bebeさん、ほんとそうですね。
僕は、真実を知りたいです。
自分たちの先祖の名誉に関わることですからね。

2006/09/08 (Fri) 00:52 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-102 to: shikahikoさん

えっ!
そうだったんですね。。。( ほんとに疎い管理人・・・)

・・・ということは,新たな事実が出てくるかもしれないのですね。
これ以上,日本と近隣諸国との溝が深まらないことを願うばかりです・・・i-241

2006/09/09 (Sat) 01:03 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-257 to: modernosakaさん

modernosakaさんの複雑な心境も,分かる気がします。。。

いろんな国の,いろんなヒトたちの思いが交差した
複雑きまわりない,そして,とても悲しい問題ですものね。

いつか,みんなが納得する方法ですべてが解決する日が
本当に来るのだろうか・・・と
思ってしまいます。

2006/09/09 (Sat) 01:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment