* アルカイダ,フランスを標的に・・・? / フィガロ紙より

                           
(・・・いや,アルカイダって・・・。雑貨系フレンチブログはどこ~。。。)
実は,9.11事件の追悼記念日である数日前から,フランスのごく一部のメディアではちょっと物騒な話がささやかれていました。リベラシオンが”確かな情報筋から”として,『フランスがテロの標的になる危険性が非常に高いらしい』と警告し,オフィシャルサイトの掲示板では活発な議論が行われていたのです。( * 扇動的に受け取られないように,この話題は9月11日を過ぎるまで控えました。)

幸い,何事もなく過ぎた9月11日。
その3日後,今度はフィガロ紙がより具体的な情報ソースによる記事を掲載したことで,以前リベラシオンが指摘した危険性が突如現実性を帯び,ようやくその他のメディアも追従しはじめたよう。今日は,新たに議論を再燃させたフィガロの記事を抄訳しますね:

"Al-Qaida désigne la France comme cible"
『 アルカイダ,フランスを標的に名指しする』
Jean Chichizola /2006年9月14日付フィガロ紙より

ビンラディンのNo.2であるアイマン・アル-ザワヒリが発信した9月11日付のアルカイダのビデオメッセージを最後まで観た者は,それがフランスを脅かすものだということに気づいただろう。しかも,軍事力を用いてフランスを脅かそうというのだ。その軍事力とは,”宣教と闘争のためのサラフィスト集団”( * 訳注①)(通称GSPC・・・GIA( * 訳注②)の分裂により1998年に発足したアルジェリアのテロリストグループ)である。ビンラディンの副官( * ザワヒリのこと)は,アルジェリアで弱体化したGSPCに対し,『アメリカとフランスの十字軍の喉元に突き刺さる骨』となり,『フランスの裏切り者と背教者たちに恐怖の種を蒔き』,『十字軍同盟の支柱』を破壊するように,と呼びかけた。

『--ヨーロッパに戦いを--』
フランスのテロ対策機関は,サラフィストの動きをこれまでになく警戒している。フランスの情報機関によると,サラフィストがアルカイダへ忠実な服従を誓っていること,そして,殺害されたイラクのアルカイダ組織リーダー,ヨルダン人のアブ・マサブ・アル-ザルカウィとの関係が指摘されている。今月1日,反テロリスト対策組織(Uclat)の通達によれば,サラフィストは『 歴史上アルジェリアのテロリスト達にとって最大の標的であるフランスに対し,現在最も深刻な脅威となっている』と推測する。

GSPCはゲリラ活動の果てに凋落したが,現在は国際テロリズムとその融合を目指し,新たなジハード(聖戦)にその命運を賭している。フランスの情報機関によると,GSPCは『マグレブのその他( * アルジェリア以外)の国々,特にチュニジア,リビア,モロッコ,モーリタニア出身の戦士』を養成しているという。いわゆるブラック・アフリカ出身の兵士たち(ニジェール人,ナイジェリア人,マリ人)も,これらの組織に合流する可能性がある。

GSPCは『十字軍』に対しても一連の攻撃的なメッセージを送っている。2006年5月,『マリとニジェールのアメリカ軍基地』と『アルジェリアとモーリタニアに』建設中(だという)の同基地を攻撃すると脅迫した。だが,90年代とGIAを引きずるフランス( * 訳注③)は,中でも彼らのお気に入りだ。(←皮肉です・・・) 2005年9月,GSPCのリーダーは『フランスは,我々の敵ナンバー・ワンであり,我々の宗教と故郷の敵だ』と断言し,『フランスを矯正する唯一の方法は,イスラムのためのジハードと殉教だ』としている。先月,インターネットで流れた別のメッセージでは,『フランスに住むイスラム教徒の兄弟たち』に,フランス国内のアルジェリア系政治責任者,軍幹部,エコノミスト達を『監視し,追いつめ』るように呼びかけた。

フランスの対テロ専門家達が,このプロパガンダの蔓延を見逃すはずがない。今では数百人単位に減少したアルジェリアの戦闘組織の力は今のところ限界がある,と彼らは見ている。それでもやはり,国際テロリズムの切り札を持つGSPCは現実に脅威だ。マドリードとロンドンのテロ爆破事件からも分かるように,数十人のメンバーさえいれば行動に移せるのだ。ここ10年,テロリストたちはフランスに潜伏する同志達が頼りになることを知っている。信者たちの目には,ビンラディンとザワヒリへの支持は日に日に高まるばかりだ。アルカイダにとって,たとえばパキスタン過激派組織などと手を組みヨーロッパに『戦い』を蔓延させることも,ひとつの可能性なのである。

<< * * キーワード * * >>
①サラフィスト集団 ・・・GSPC。正式名称は,Le Groupe salafiste pour la prédication et le combat(宣教と戦闘のためのサラフィスト集団)。 1998年,GIA(下記参照)の分裂により結成されたアルジェリアの武装テロリストグループ。彼らが信望するサラフィズム自体は,イスラム教はその起源に回帰すべきであるとする,スンニー派の原理主義を教義とし,ワハビズムに由来する。
②GIA ・・・武装イスラム集団(Groupe Islamique Armé)。アルジェリアのイスラム教過激派組織。フランスをはじめ,ベルギー,イタリア,イギリス,スウェーデンにも地下組織を持つとされる。
③90年代のフランスとGIA ・・・GIAは,1994年にアルジェ空港でエール・フランス機をハイジャックし,翌年サン・ミッシェル駅とメゾン・ブランシュ駅で爆弾テロを実行。98年のワールドカップ・フランス大会でテロを計画したとしてGIAメンバー100余人が逮捕されたこと等,GIAのフランスに対する確執を指すと思われる。

・・・折しも,ローマ法王ベネディクトXVI世の発言がイスラム界で激しい怒りを巻き起こしているただ中。
近年の『キリスト教国(いわゆる旧十字軍同盟)vs.イスラム教諸国(本当は一部の過激派のみ)』という構図がさらに深刻化し,世界が一触即発の事態に陥っている気がしてなりません・・・。

8 Comments

modernosaka  

日本に居るとテロにはリアリティーを感じませんが、
bebeさんはフランスに居たとき、
それはリアルなものだったんでしょうか?
・・・しかし、お互いが一神教であるキリスト教とイスラム教は
結局お互いが邪教なんでしょうね。
ちょっとしたことが大きな広がりにならないことを
祈りたくなります。


2006/09/21 (Thu) 00:51 | EDIT | REPLY |   

shikahiko  

「イラクへの先制攻撃は国際法への挑戦だ」「イラク戦争は国連憲章違反だ」と厳しく批判してきたアナン事務総長が、年末の退任を前に最後の国連総会で多国間協調の必要性を訴えるようだけれど、武力では何も解決しないんだよね。武力は武力を呼び、悲嘆は悲嘆しか生み出さない。

2006/09/21 (Thu) 11:00 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-102 to: modernosakaさん

modernosakaさん,こんばんは^-^*

GIAの一連のテロ事件が収束してからフランスに落ちついたわたしにとって,
テロ問題を本当に身近に感じるようになったのは
やっぱり 9,11事件後でした。

マグレブ系移民2世,3世の若者たちの一部が過激派に走るのは
彼らを虐げ,疎外してきたフランスの社会構造と
決して無関係ではないのかもしれません。

異なる宗教観,格差,社会の歪み。
さまざまなエレメントが複雑に絡み合って・・・。
ほんとうに哀しいですよね。。。

2006/09/21 (Thu) 23:19 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-263 to: shikahikoさん

『武力は武力を呼び・・・』,ほんと,同感です。

戦争の大義名分とされる『正義』は
結局は相対的なものでしかないのですよね。。。
平和を維持するための武力なんて,大国のエゴに過ぎないと思います。

人の命はみな等しく尊い,と言うならば,
その命を一瞬のうちに奪い去る武器や軍事力を
どうして誇ることができるでしょう?


2006/09/21 (Thu) 23:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/10/11 (Wed) 21:53 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-122 to: Eさま

Eさま,お詳しいのですね~i-265

リベは身内でイロイロ揉めていて大変そうですけど,
それをこうして,毎回公表して,自由に内部批判できる雰囲気が
わたしにはとても羨ましく思えます。

800ユーロ!?び・・・びっくり・・・。
ル・モンドのように,ネット上で購読者に配信してくれるシステムは
リベにはないのでしょうか??

2006/10/11 (Wed) 23:16 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/10/15 (Sun) 07:33 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-39 to: Eさま

読売新聞社では,そんなこともあったのですね。
20年前・・・ということは,その頃は
(少なくとも)現在よりは寛容な雰囲気だったのかもしれませんね。
そして,東京よりも大阪や,地方の方が
より自由で柔軟な考え方ができるような気がします。。。
中央に近ければ近いほど,何かと制約が多いですし・・・。

うーん・・・なんだか殺伐とした世の中になってきましたねぇi-241

2006/10/16 (Mon) 21:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment