* フランス大統領候補プロファイルNo.1---ニコラ・サルコジ

フランス大統領選の第一回国民投票は,ちょうど1週間後!フランスの各メディアは大統領候補12人の詳細なプロファイルリストを作成していますが,中でも個人的にパーソナルな切り口でおもしろいなあ,と思ったのが,レクスプレス紙。ここで何人の候補者を掲載できるかは分からないけれど,すこしずつレクスプレス紙から紹介しますね。まずはやっぱりこのヒト,最有力候補のサルコジさんから。 photo by © LEXPRESS.fr

ニコラ・サルコジの選挙キャンペーンPV→ click

Nicolas SARKOZY | Age:52 | 元内務大臣,弁護士 | 国民運動連合(与党,右派)
L'EXPRESS紙
2007大統領選特集より

これまでの功績
2002年,内務大臣に就任以来,メディアや現場で圧倒的な存在感を示し,世論に根強く残っていた『不安感』を払拭した。前回の大統領選以後,サルコジの言葉によれば『 内務省を公的活動の中心に据えることに成功 』した。客観的事実としては,2001年から2006年までの間に(国内)犯罪率を総合的に減少させたが,人に対する犯罪(傷害,暴行,殺人など)に限定すれば,犯罪率は20%上昇している。


これまでの失策
2005年10月27日パリ郊外,サッカー観戦の帰途にあった3人の未成年が警官に尋問された。フランス電力会社の変圧所に逃げ込んだ3人のうち2人は感電死し,残る1人は大やけどを負った。サルコジ内相は,3人の被害者が直前に警官に追跡されていたことを否定したが,後に総合監査局(IGS)によって覆された。事件後,サルコジは『(スラム街と化した)郊外を一掃し,”社会のクズども”を追放する 』と約束したが,その言葉はその後1ヶ月におよぶ暴動を引き起こす原因となった。


愛読書・・・セリーヌ著 『 夜の果てへの旅 』

尊敬する政治家・・・ジョルジュ・マンデル (フランスの政治家・レジスタンス運動家)
    ---1944年7月,第二次世界大戦下のヴィシー政権が組織した親独民兵隊により暗殺される。


大統領選における戦略
極右ルペンの進出を阻むために,サルコジは自身の右派としての政治的位置付けを強調している。彼のマニフェストである治安対策,減税,相続税や企業課税の減額,労働法の改正,宗教倫理の復権などは保守的な有権者に向けたアピールでもある。しかし,決勝投票でセゴレーヌ・ロワイヤルに勝利するためには,中間所得層や庶民も魅了しなければならない。購買力の向上を掲げ,左派の偉人レオン・ブラムやジャン・ジョレスの理念を引き合いに出す背景には,そうした事情が見え隠れする。


世論調査における支持率・・・26%~30%
数ヶ月来,第1回投票における世論調査で常にトップであり,30%前後をキープ。


サルコジのイメージ
サルコジは内務大臣として,有能で勤勉にして勇敢,弱者にやさしく,悪人には容赦ない政治家としてのイメージを定着させようとしてきた。だが,彼の政敵にとってサルコジは『 いつもせかせかしているサルコ 』または,イズノグー(訳注:フランス・ベルギーの人気漫画キャラクター。・・・うまい!)であり,目的のためなら手段を選ばない,常にハイテンションな野心家だ。サルコジの今後の課題は,有権者に『自分は(昔とは)変わった』ことを示せるか,であろう。

4 Comments

chezidane  

フランス留学後、フランスの政治に興味を持ち、
ネットサーフしてこのブログ、見つけました。
ちょいちょい来ては、
「ほほ~、勉強になる~~」と拍手してます!
管理人様は、日本に居ながら(ですよね?!)
ちゃーんと、フランス事情を追い、
なおかつそれを公開されていて、すごいエネルギーだと、感心してます。
私も、キャナル・アンシェネを定期購読しようか、と思い中です。これからも、遊びに来ますね!

で、、、、私なら誰を選ぶか、、、、。
ジョゼ・ボヴェ氏です。
ボヴェ氏は当選できないから、
当選する大統領をウォッチし続け、
選挙後、声をあげるべき時には参加していく、、
と言う形をとりたいです。
ボヴェ氏が決選投票に残らぬとも、
はたまたサルコか、セゴレンかが過半数とっても、
大統領にふさわしい人物はいないではないか、
という意思表示のための一票です。
、、、過半数、一回で誰かがとっちゃうかな?
 
って、投票権がないから、こんなたわごと言えてしまうのかな。
でも、フランスには友人がたくさんおり、
1年議論してきた私の結論です。はい。

管理人さん、ブログと真剣な投票、応援してます!

2007/04/16 (Mon) 19:15 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-275to : chezidaneさん

はじめましてi-265
そして・・・すごく,うれしかったです!
いつも拍手くださっていたなんて,本当にありがとうございます。

お察しのとおり,今は日本で書いてます。
(このブログを始めたころは,フランスから更新してました)

フランス政治関係の記事(の訳)は,
実はバカみたいに時間をかけて(i-229)情報収集している分,
やっぱり時間的にも苦しくて
『 誰も読んでくれてないかもしれないし,もうやめようかなあ』なんて,
思うときもあったり・・・i-230
でも,そんなふうに優しいお言葉をいただけて,
やってきてよかったなあ・・・としみじみ思います^-^*

chezidaneさんも留学なさっていたのですね!
おお!ボヴェおじさんi-189
いいですねぇ~i-265
1年間,フランスでお考えになった末の結論だなんて,
頼もしい限りです。
死票を投じるべきではない,なんて人気候補者たちは言ってますが,
決選投票に進めない候補者への票も,ちゃんと数字に表れますものね。
立派な意思表示になると思います。

過半数,うーむむ・・・どうでしょう??
取るとしたらサルコジでしょうけど,できれば決選投票にもつれ込んだ方が
より踏み込んだ議論を期待できそうですね。

これからも,分かりやすい記事をこころがけて
がんばって更新しますね。
コメント,ありがとうございました!

2007/04/17 (Tue) 00:11 | EDIT | REPLY |   

ちぇぶ  

うんうん、サルコジさんのイメージはなんだか腹黒い!そんな感じですよねぇ。。。
イメージだけで投票しそうな私です笑

2007/04/19 (Thu) 11:50 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-257 to: ちぇぶさん

>サルコジさんのイメージはなんだか腹黒い!


あわわ・・・ちぇぶさん~(笑)
わたしが判官びいきなのと,強い者に巻かれるのがイヤなので,
つい,サルコジさんの批判記事が多くなってるかも・・・i-229
(でも,わたしもちぇぶさんと同じように思ってます・笑)

まあ,今いちばん強大な権力を持ってるヒトを褒め殺しても
しょうがないですものねi-277

でもほんと,サルコジさんコワイです~。びくびく・・・T-T。

2007/04/20 (Fri) 00:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment