*最後の戦い --- サルコジVS.ロワイヤル,TV公開討論(前半)

大統領選の決選投票は明日。最初で最後となったロワイヤルVS.サルコジの一対一の公開討論は、フランス国内で実に2000万人が見守り、世界各国に中継されました。(時間がないので速攻で訳します。雑な訳でゴメンナサイ。。。)この討論での二人のやり取りを概観すると,両者がそれぞれどんな国政を描いているのか,少しは見えてくるのではないかと思います。ちなみにこの公開討論後,フランソワ・バイルは『 私はサルコジには投票しない 』と表明。じゃあ,ロワイヤルに投票するの?・・・と聞かれると,それには答えないバイルさん。ま,そんなこんなのバイルのメッセージですが,とりあえず国民に理解されたことでしょう。
*   *   *   *   *   *   *   *

 『 ロワイヤルVS.サルコジ,ブラウン管の中の戦い 』

リベラシオン紙| 2007/05/03付| 政治部

"Ségolène Royal en croisée cathodique" Libération |Service Politique

昨夜テレビ中継された討論番組で、決選投票の本命馬である政敵ニコラ・サルコジを前に,社会党の女性大統領候補は攻撃的に議論を展開した。

番組の舞台セットの左側に着席したのがセゴレーヌ・ロワイヤル。黒のスカートに黒のジャケット,白のブラウス。女性大統領をイメージしたストイックな服装だ。右側にはニコラ・サルコジ。ダークカラーのスーツにブルーのシャツ,太ストライプのネクタイに,オールバックのヘアスタイル。社会党の女性候補は,『とても落ち着いて』いて,『ここにこうしていることをとても誇らしく,幸せに思う』と述べた。国民運動連合(UMP)の候補者は,『 集中して 』議論に挑み,(フランスの)政治が再び尊厳を取り戻すためにここに来た,と述べた。

最初からふたりは真っ向から対立した。ロワイヤルは何度もライバルの発言を途中でさえぎり、特に犯罪や現政府の業績を追求してサルコジを挑発した。ロワイヤルはときに一貫性を欠きながらも攻撃的な態度で、女性の(不平等な)現状について声を荒げて訴えた。一見、どんな問題にも精通しており、自分こそが勝利を手にすると信じて疑わないサルコジ。そんな彼にロワイヤルは果敢に挑んだ。議論はしばしば混迷を極めたが両者は互いに一歩も譲らず、その2時間40分は充実したひとときだった。特に障害を持つこどもたちの境遇に話が及んだときは、迫真の議論であった。

過去12年間で、大統領選の第一回投票と決選投票の間に対立候補者が一対一の公開議論を行ったのは、今回が初めてだ。くじによって、まずはサルコジが発言権を得た。『 あなたはどんな大統領になるつもりですか? 』という質問に対し彼は、『 わたしは結果を出したい 』、そして『 言ったことは実現させる 』。『 フランス国民に言葉を尽くして説明する、非の打ちどころのない大統領 』になるつもりだ、と述べた。また、大統領の再選は2回までとする、と約束した。

間髪を置かず、ロワイヤルは国の負債と一時的で不安定な雇用形態、貧困問題、購買力、そして退職年金について言及した。そしてサルコジが内務大臣になって以来、傷害罪などの犯罪が増加したと批判した。日常生活における治安の悪化や社会的不安が新たな悪循環を生んでいる、と指摘。ロワイヤルは元内務大臣( * サルコジのこと )に向かって、直接たずねた。『 ”ニコラ・サルコジ氏”はご自分が招いた事態の責任を取るつもりがありますか?』、と。サルコジは、『 もちろんです 』と”マダム・ロワイヤル”に答えた。

ロワイヤルから国の負債をこれ以上追求される前に、サルコジは解決策を提案し始めた。公務員の数を半分に削減すること。国家の借金返済に充てる資金のこと。公務員の給料を上げること、など。そして彼は言った。『 これは国の緊急課題であり、この件に関してはあなた方でさえノンとは言えないでしょう 』と。
( →後半に続く )


2 Comments

chezidane  

東京に学会、神戸へ里帰り、主人の実家
と、忙しい黄金週間から戻って参りました。ぜーぜー。

いよいよ、決選投票ですね。
もちろん、ロワイヤルさんに勝って欲しい。
サルコジ氏に決まれば、
フランスの良いところ、がなくなってしまうと、強く危惧します。
2005年、私がフランスにいた時、
「何もスキャンダルがない限り、サルコジが次の大統領」
とは、私の周り、みーんな言ってたけど、
そして、特に、今日までスキャンダルはなかったけど、、、、。
ヨーロッパ憲法(だったかな、正式な名前が、、)に
フランスが「ノン」を突きつけた時のように、
立派な大番狂わせ、あったらいいな~~。

2007/05/06 (Sun) 09:40 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-258 to : chezidaneさん

おかえりなさい~i-265
とても多忙かつ充実したGWをお過ごしだったのですね。
おつかれさまです^-^*

決選投票,ほんと,やきもきしてしまいます~。

おっしゃるとおり,EU憲法批准のときのように
結果が世論調査の数字を裏切ってほしいものですi-277
サルコジが大統領になってしまうと,わたし自身,
フランスの政治に希望や興味を失ってしまいそうです・・・。

ここ数日のサルコジの豹変ぶり(人が変わったようにソフトで穏やかなヒトになってる!)に
空恐ろしささえ感じます・・・i-230

2007/05/06 (Sun) 17:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment