* クリアストリーム事件は終わっていない /  L'affaire Clearstream ne finit pas d’en finir.

* 大統領になれなかったばかりか・・・。 (ドミニク・ドヴィルパン) by © Rue 89


クリアストリーム疑惑,覚えてらっしゃいますか? フランス政界を震撼させたこの事件,実は大統領選が終わってから次々に急展開を迎えています。・・・なぜ今になって?それは,クリアストリームの『 犠牲者 』が,今やフランス大統領,ニコラ・サルコジ氏だから。思えば,このブログでフランスの政治関係を扱うようになったのは,実はクリアストリーム事件がきっかけなので,ちょっと懐かしいです。この事件の概要自体は,実は意外なほどシンプルです。問題は,とにかく謎が多すぎる,ということ。それぞれにひとクセもふたクセもある登場人物が重要な役割を担っていて,『 誰が誰を操っているのか 』が最大の焦点となっています。

* クリアストリーム事件をおさらい  
 『 * すでにドロドロ。クリアストリーム事件。 』 ←プロローグ編
 『 * クリアストリーム事件をめぐる疑問。その3 』 ←その後編

そんなわけで新展開もあったことだし,このブログでも再び採り上げようと思います。今日はこちらでもそろそろお馴染み,リベラシオンの有志ジャーナリスト達が立ち上げた独立系情報通信,Rue89( = 89番地)から。

*   *   *   *   *   *   *   *

『 シラク,ドヴィルパン,クリアストリームの捜査ターゲットに 』 
2007/07/05付
"Villepin et Chirac en ligne de mire de l'enquête Clearstream"

Rue 89
| par Pierre HASKI ( ピエール・アスキ著 )


確かに2ヶ月前,ドミニク・ドヴィルパンがマティニヨン(首相官邸)を去って以来,フランスは彼を忘れたかもしれない。だが,裁判官らは違った。彼らはメモリが消去されたはずのフィリップ・ロンド将軍のパソコンの口を再び“こじあけた”ことにより,懐かしきド・ヴィルパンの思い出に浸っている最中なのだ。そして木曜日,ついに国家財政調査局(DNIF)とジャン=マリ・デュイ,アンリ・ポン両判事は,パリ17区にある元首相の邸宅の家宅捜索を行ったのである。

このエピソードは,ロンド将軍の素人っぽさを浮き彫りにしている。だがロンド将軍と言えば,今まで“スパイ中のスパイ”と報道されていた人物だ。そんな彼が,消去されたパソコンのデータが復元可能であり,決定的な証拠が暴露されてしまうことに気づかなかったとは---。専門家は言う。『 “消去”したはずのハードディスクのデータを復元することは,もう何年も前から技術的に可能だ。ロンド将軍が情報分野に限りなく無知でない限り,そのことを知らなかったとは言い張れないだろう 』

パソコンから復元されたロンド将軍のメモは,ドミニク・ドヴィルパン(元首相),そしてジャック・シラク(前大統領)にとって,非常に不利なものだった。2004年6月30日,ロンド将軍は以下のように書いている。『 イマド・ラウード( * 注①)からの情報によれば,ジャン=ルイ・ジェルゴラン氏( * 注②)は,大統領の指示を受けたドミニク・ド・ヴィルパンから“ニコラ・サルコジを密告しろ”と命令されたらしい 』。 事件の発端は,金融機関クリアストリームに口座を所有する人物のリストにサルコジの名が浮上したことだった。だがそのリストこそ,サルコジをエリゼ宮への競争( * 有力候補として大統領選に出馬すること)から脱落させるために,巧妙に偽造されたものだったのだ。

謎に包まれた,この国家の一大事の張本人(と推定されている)“カラス”こと,ジャン=ルイ・ジェルゴランも,この事件で自らが担った役割についてじきに釈明せねばならないだろう。我々Rue89が得た情報によれば,ジェルゴランは15日後に予審判事から事情聴取を受ける予定だ。思えば去年の春以来,事件はタイミングよく忘れ去られたかのように思われていた。しかし,ジャック・シラクとドミニク・ドヴィルパンが権力の座から退き,ニコラ・サルコジがエリゼ宮の住人( * 大統領のこと )になったことで,どうやら事件は新たな活力を得て解明へ向けて動き出したようだ。

*   *   *   *   *   *   *   *

 キーワード & 訳注 
*① イマド・ラウード( Imad Lahoud ) ・・・
レバノン系フランス人実業家,エンジニア。フランスの財政界において,いまだ解明途中の多くの不正事件に関わっているとされる,黒い人物。クリアストリーム事件においては,ジェルゴランの依頼により,事件の発端となった偽造リスト(注②参照)を作成した張本人と推定されている。2003年,当時,国防省顧問だったロンド将軍にラウードを紹介したのがジェルゴラン。
*② ジャン=ルイ・ジェルゴラン( Jean-Louis Gergorin )
・・・フランスの実業家,元外交官,EADS(ヨーロッパの大手航空・宇宙産業企業)の元副社長。2004年,当時,台湾のフリーゲート艦売却事件を調査中だったルノー・ヴァン・ルインベック判事( Renaud Van Ruymbeke )の元に,匿名の手紙とCD-ROMが届いた。それは,ルクセンブルク(リュクサンブール)の金融機関クリアストリームにフランスの著名政治家数人が裏口座を所有しており,そこで大規模なマネーロンダリングが行われている,という内容であった。カラス ( le corbeau )と名付けられたこの密告者は,ヴァン・ルインベック判事が口座名義人リストが偽造されたものであると気づくまで,判事を翻弄し続けた。後にカラスはジェルゴランであると判明。

10 Comments

Denny Johpp  

大統領選のあとは、忘れられたかと思われたクリアストリーム。
フランス語を始める前後の事件だけに追いかけるので精一杯です
が、サルコジさんは「返り血」覚悟でしょうね・・・。

2007/07/27 (Fri) 23:58 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-275 to : Denny Johppさん

> フランス語を始める前後の事件だけに

そうだったんですねi-265

事件が発覚した当時はパリに住んでいたのですが,
なんだかサスペンスドラマか推理小説のような展開にびっくり!
メモ代わりにブログで記事を紹介したのが,
こちらで政治関係の記事を扱うようになったきっかけでした(^-^*)

2007/07/28 (Sat) 13:09 | EDIT | REPLY |   

Denny Johpp  

『大統領の悲劇』を読みましたが、理解できたのは最後の数章だけです。
シラク政権最後のころからわかりだしたのですが、時間を取って
みないといけないと思います。

2007/07/28 (Sat) 18:11 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-275 to : Denny Johppさん

『 大統領の悲劇 』,
わたしはもちろん(!)読んだことがないのですが,
けっこう面白そうなエピソード満載だとか。
サルコジさんがシラクの娘クロードを口説いていたとか・・・i-277

密かにDennyさんからの情報を心待ちにしているわたしです~。
(↑自分で読め~)

2007/07/29 (Sun) 22:42 | EDIT | REPLY |   

Denny Johpp  

どの頁だったか忘れましたが(^^;;;
でも、サルコジさんならやりかねないなぁ…。

2007/07/31 (Tue) 21:48 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-40 to : Denny Johppさん

確かに,大統領のお嬢さん(・・・といっても,
クロードは父シラクに影のようにつきそって支え続けた才媛ですが)
を奥さんにもらって,政界をのし上がってゆくのは
クラシックな手ですよね~i-277

2007/08/01 (Wed) 02:03 | EDIT | REPLY |   

Denny Johpp  

実にうまいやり方・・・ですね。
それよりも、英語とフランス語ができないと本国で
生活できない日本人の話をしったとき、移民政策の
本質を垣間見た感があります。

2007/08/07 (Tue) 23:07 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-259 to : Denny Johppさん

Dennyさん,こんばんは。

> 英語とフランス語ができないと本国で
生活できない日本人の話


え?そんな環境に置かれた日本人の方がいらっしゃるのですか??
本国って・・・フランスのことですか・・・?

(勘違いしてたらごめんなさいi-230


2007/08/09 (Thu) 22:37 | EDIT | REPLY |   

Denny Johpp  

つい最近帰仏した方から聞いた話でもあり、『日経』でも
出ていた話です。
かなりシビアに移民を考えているようですが・・・、いいの
かなぁ。

2007/09/07 (Fri) 16:57 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-275 to : Dennyさん

確かに,サルコジさんが大統領になったら
フランスには居づらくなるかもね・・・と,
在仏時代,みんな(在仏日本人のヒトたち)は心配していました。

ただ日本人は,『 移民 』としてのstatutで滞在許可をとることは
あり得ないので,
移民政策とは少しカテゴリーがずれますが,
在仏外国人としての滞在許可証の更新が難しくなるかもしれませんね。

2007/09/07 (Fri) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment