* Zazie --- 男の子になりたかったフランスの歌姫

* illustration by fuwafuwa_li
                          

Zazie(ザジ)は,ちょっと変わってる。

女の子っぽく見られるのがきらい。
人と同じように見られるのが,きらい。

『 地下鉄のザジ 』の少女の名をあだ名に持ち,
どこか哲学的で,世の中の矛盾に敏感で,
それを軽やかに,ハスキーな歌声にのせる。
ポップなのに,どこかロックなのは,それが”ザジ”だから。

ドレスじゃなくて、
鍛え抜かれた体をタンクトップとデニムに包んだ、
ゆるぎない意志と強い瞳を持った,フランスの歌姫。

・・・今日は,そんな彼女の2007年のアルバム”TOTEM”の中から,
”ジュ・スイ・ザン・ノム”( Je suis un homme / わたしは人間 )を紹介します。
先進国が享受する消費社会の裏側で,自然は破壊され,
弱者は切り捨てられ,紛争地域では今日も血が流され,飢餓や戦争で死んでゆくこどもたち。
人間のエゴが,世界を確実に破滅に導いている---そんな現代社会を歌っています。

イヴァン・アタル(フランスの俳優,映画監督,シャルロット・ゲンズブールの夫)が監修したビデオクリップが秀逸。PVの中で壁に映し出される数字は,飢餓に苦しむ子供たちの数,先進国で消費される食物の量,伐採された森林のヘクタール,CO2排出量,軍事予算,etc etc...。( *PVは下のリンクから飛べます。)


*   *   *   *   *   *   *   *    *   *   *   *   *   *   *   *


『 わたしは人間 / Je suis un homme 』 Zazie, from "Totem" (2007)  
(歌詞:フランス語/ 邦訳:bébépiupiu )


わたしはクロマニヨン人を起源とする人間
わたしは猿,あるいは魚
四季を通じて地球という星に住んでいて
ぐるぐる,ぐるぐる回ってる

わたしはこの世界で唯一の存在
けれど同時に,何百万人ものひとりに過ぎない
獅子の心を持っていて
年から年中,戦争をして
ぐるぐる,ぐるぐる回ってる

わたしは野心に満ちていて
きれいな車と,美しい家を持っている
部屋,そしてリビングの真ん中で
ぐるぐる,ぐるぐる回ってる

わたしはセックスをして,革命を起こす
疑問に思うことを,ひととおり考えてみる
進んで,進んで,そして,後ずさりする
ぐるぐる,ぐるぐる回ってる

もう分かったでしょ? わたしは人間なんかじゃない
幻想の中の王様なの
心の底では,許してほしい,と願ってる
わたしは王 愚か者たちの王

自分のすきなように,世界を作った
黄金とコンクリートを流し込んで
牢屋に投獄された,囚われの身体
ぐるぐる,ぐるぐる回ってる

テレビの前に座っている
わたしは人間 --- それは,嘘
消費社会の純粋な産物
そう,収支はぴったりね
計算はきちんと合ってる

そう,それはわたし
火を操り,ゲームを制し,世界に君臨する
ほら,見てごらん。これが,わたしたちがしたこと
地球は凍りつき,そして焼き尽くされる
人間たちの地球を,人間たちが見捨てるの

わたしは壁ぎわに追い詰められて,決断を迫られている人間
当然のあやまちであるかのように,ほかに何の理由もなく
地球という場所に居座って
ぐるぐる,ぐるぐる回ってる

わたしは人間
すべては身から出た錆だと分かってる
わたしの犯した罪,そして,わたしに下される刑罰
ぐるぐる,ぐるぐる回ってる

4 Comments

DennyJohpp  

画像観ました。日本のとは違って、考えて作っているんだなぁ
と感心しました。

2007/10/05 (Fri) 09:44 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-77 to : Dennyさん

いいですよね,クリップ。

zazieがライブで歌っている映像も同じサイトで観られるのですが,
それがすごくかっこよかったです。
43才ですよぅ~,あれで!i-282

2007/10/08 (Mon) 22:45 | EDIT | REPLY |   

Denny Johpp  

えっ、43歳・・・?!ショック・・・。
理由は別途メールします・・・。

2007/10/10 (Wed) 19:50 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-77 to : Dennyさん

え?ショックですか??(笑)

でも,見た目はそれぐらいでは・・・i-277
だけど,彼女の歌い方やしぐさが,年をまったく感じさせないほどに
カッコイイなあと思うのです★

2007/10/15 (Mon) 00:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment