***フレンチマッドの密かな野望***

               20050906172038.gif



すっかり放置状態の*french mad*,
こんな砂漠地帯に来てくださったみなさまには,
申し訳ない気持ちでいっぱいです・・・。

でも,このまま廃墟にはさせませぬ。

以下,限りなく,「私的メモ」でございます。
自分が今思っていることを,忘れないための,覚え書き。
それでもよろしければ,読み進めてくださいませ。

実は,ひそかに,こっそり,
いろんな野望(?)があるのです。
本家「いまさらフランス」の方では言えないこと,できないこと。

まず,今までの総まとめしての,HPを立ち上げたい。
そして,我が家にあふれて(そして,はみ出している)フレンチ雑貨を
ほんの少しだけ,おすそわけしてみたい。
(・・・と言っても,たぶん,ちっちゃいモノ限定です。
ヴィンテージビーズとボタン,大きくて,キィホルダー,かな・・・?)

でも,ビジネスライクには絶対したくない。

これは,黒パンダ(誰だ?)のセレクトで選んだ
とっても偏ったフレンチ雑貨。

万人に理解されるモノでは,決してない。
ここのセンスに共感してくださった方だけが,
「本物に触れて,我が家で大切にしていきたい」と
思ってくださったのなら,
それは,とても,とても,すてきなこと。

新しいご主人さまのもとに旅立っていった,
愛しい我が子たちの行く末を,知りたいから。
「この子は,我が家でこんなふうに大切にされてますよ」と,
写真やお便りをいただけるような,
そんな関係を築ける,小さな,小さな,HP。

今の日本は,実際,
フレンチ雑貨飽和状態。
リプロダクションのポスターやビュバーが氾濫し,
異常な値が付けられ,価格が急騰するマニア垂涎のアイテムがある一方で,
マーケットに出回りすぎて下落するモノもある。
仕掛け人あらば,踊らされる人も,いる。

アンティークやレトロなモノたちは,
本来はそういった駆け引きやマーケティングからかけ離れた,
素朴なものであるべきだ,・・・と,思う。
おばあちゃんのおうちの屋根裏部屋から出てきたもの。
愛情と思い出が詰まった,とてもシンプルなもの。
お金で取り引きできないもの。

そうなのだ。
フレンチ雑貨好きの方たちが
情報を交換して,もっともっと,フレンチ雑貨が好きになって,
もっともっと,くわしく知りたい,と思えるような。
そういう場所に,なりたい。

そして,大好きなものづくり。
本格的に,はじめたい。
日本はありとあらゆる材料がそろう国。
やっと,スタートできる気がする。

メインは,フランスの蚤の市で見つけた
ヴィンテージビーズやカボション,アンティークレースの私的コレクション。
それを,東京の空でも,パリの空の下でも,野原の真ん中でも,
違和感なくしっくりくるような,
レトロでキュートなアクセサリーに仕上げること。
「それ,どこで買ったの?」と誉めてもらえるような,
そんな一点物に仕上がれば,どんなにすてきなことだろう。

フレンチ雑貨と,てづくりに共通すること。

それは,
わたしは大衆の好みを想定しては,選ばないし,作らない。
自分が身に付けたいモノを。
人が身につけているのを見て,羨ましい・・・と嫉妬できるモノを。
何かを買ってもらうために,誰かに迎合したり,妥協したり,したくない。

とても傲慢で,独断的で,イヤ~なカンジだとは,
自分でも思うのですけど・笑。

はて,こんな独断と偏見に満ちた考えが,受け入れられるのかどうか。
webデザインも,絶対妥協したくないし・・・。
(しかもweb知識は限りなくゼロに近い)
大きな口を叩いている割には,
何にも結実しないかもしれません・・・。(←すごくあり得る。)

・・・考えただけで,気が遠くなってきました。
ああ。やっぱりダメかもしれません。
(←いきなり弱気)
一生,実現できないかもしれません・・・。


ただ,今の自分を戒めるために,
ちょっと書き殴ってみたのでした。



12 Comments

金色  

砂漠に花が!

v-366うわ、びっくり! 無い事になってる場所、触れてはいけない出張所(ごめんなさい・笑)が復活したのですね!

手作りするモノや目的、考え方も、私とは違うのですが、今後がとても楽しみです!
共感できるとこもあって、ふむふむ、と思いました。
自分の好きなモノや、創り命を吹き込んだ「わが子」を、譲り受けて、大切にしてくれる人がいる
のは、嬉しい事です。

ベベピウピウさんの新たな年の、勢いのある誓い、刺激されました!
突っ走ってください。
でも、再びここが、砂漠になりかけたら、このコメント欄を占領します。
そして、”金ちゃんのひとり言”を連載していきます。(←読みたくねぇ~)

祝・復活v-274



2006/01/06 (Fri) 20:57 | EDIT | REPLY |   

ベベピウピウ  

うわっ。ムッシュー金色に見られてしまった!


ひや~っ。金色さんに発見されてしまいました・笑。
(・・・誰にも発見されなかったら,それはそれで,とっても哀しいのですけど・・・)

金色さんには,ひのきのお箸づくりからも
実はとても感銘を受けたのです。
金色さんが,お客様やお値段などを想定して楽しんでらっしゃったのが
とてもよく分かるのです。

金色さんは,きっと,相手のことを考えて,思いやって
作っていける人なのだ,と想像しています。
わたしの場合は,その辺の考えが根本的に傲慢というか,間違っているのだ,とは
分かっているのですけど・・・i-230

それにしても,この激しく小さい文字の記事を
読んでくださって,ありがとうございます!!
感謝・・・。

今度,金色さんの「モノを作る」ということと,その目的などについてのお考えを
ぜひぜひ,じっくり拝聴させてくださいまし!i-265
よろしければ,ここのコメント欄でも使ってくださっても・・・★ムフフ~i-221
i-274

2006/01/06 (Fri) 22:17 | EDIT | REPLY |   

金色  

モノを創る

お題:モノヲツクル

ヒノキの箸について 語ると熱く、そして長くなるので、箸は置いといて・・

モノを作るのは、単純に楽しくて好きだからです。
誰にも邪魔されずに、没頭して作ることが好きなのです。

作った物をあげる人は、初めから想定します。
○○君に、これをあげたい! どんな風に仕上げると、喜ぶだろうか?
○○さんに、プレゼントして、驚かせたい! 
○○に渡して、笑わせてやりたい!

と考えながら、作ると創作意欲が湧き、楽しいです。

材料・素材は、なるべくお金の掛からないもの。
不要になった物、人から貰ったけど迷惑な物(←失礼すぎ)など、とにかく
作る為に何か買うのは、極力避けたい。
家にある物で作りたい。
最低限、必要な物は買いますが、私は工夫して、ものづくりをしたいです。

自分にしか作れなくて、自己が表現できるものを作りたい。
独自性があるアイデア作品みたいな、、。
だから、材料は いらなくなった物で十分。
拾った物でいい。
「落ちてた鹿の角」、「友達がくれた油絵セット」、「拾ったヒノキ」、「のび太の首輪」などなど。

作るというか、創る。

私は、ユニークなものを作りたいと言いながら、人の真似をします。 へっへへー
誰かが、上手な技を使ってたり、粋なことをしてると、自分の作品に取り入れたい!と思います。
*はんこ、真似します。そして、「ひのでわし」とは何か調べて、必要なら買います(買うのかよ!)

えっと、もちろん 自分用に作って、ただ楽しむということも多いです。
作ったモノに対しての、人の意見・感想は特に聞きたいです。
皆に率直に(少し褒めながら)改善点など、教えてもらいたい。
参考にして、もっと良いものを作ります。
この辺りは、もっと頑固で、信念を持つべきかな とも思います。
でも、私がこだわるとこは、ソコじゃないです。

「作ってて楽しいかどうか」 と 「相手が喜ぶかどうか」
この二点。

長くて、矛盾だらけのコメントというか、文章でごめんなさい。
お前のブログで書けよって話なんですが、、、 いや~、ダダーっと書くと爽快な気分になりました。
おやすみなさい。











2006/01/09 (Mon) 17:58 | EDIT | REPLY |   

ベベピウピウ  

お勉強になります~!!


わースゴイです!!うれしいです。
金色さんが「ごはん食べてきます」っておっしゃったから
お返事を控えていた甲斐がありました~・笑

いちいち,うなずきながら一気に読んでしまいました。
すごく,刺激になります。

まず,材料・素材。
「なるべくお金のかからないもの」
エライ。
簡単に見えて,実はとても工夫が必要だし,大変なことですよね。
ここは,わたしの見習うべき点がおおありなのです。

わたしのは,とにかく材料にお金かかりすぎ!!笑。
家にないモノで作ろうとするので,
とにかく何かと(自分に)言い訳をつけては
材料を買う。
いいモノがあると聞けば,取り寄せる。海外注文もする。

でも,それでは作る方も気合いが入りすぎてるし,
何よりも安易すぎ。工夫が足りない!

でも,鹿の角,うちの近所には落ちてないですから~!!笑
(でも近所の神社には,イノシシ親子が出現するらしいですが。)
ひのきもないし。
(でも六甲山を登れば発見できるかも?)

「相手を想像して,作る。」

贈られた相手も,それは本当に嬉しいことですよね。
実際にいただいたモノよりも,相手が自分のことを想像して・・・というプロセスが
何よりのプレゼント・・・。

わたしは,不特定多数の相手に見てもらおう,と思っているので
そうなると,相手の方を想像するのがちょっと難しくて・・・。
ならば,作って楽しいのは,自分の好きなモノー!!となっちゃったワケなのです。
(その辺がヘンなのかも・・・)

「自分だけのオリジナルのもの。」
うんうん。分かります!わたしも目指すのはソレ!
金色さんだけの,表現方法。
極めてください!

「でも,マネもする。」
実はわたしも~・笑。エヘヘ。
いい所は,やっぱり「見習いたい」し,「盗みたい」のですもの~。
で,自分なりにソレを「消化」して表現できれば,マネ以上のモノになるはず。

ひのでわし。

 コレです,コレ!!→http://www.hinodewashi.co.jp/sub3-10.htm
 本屋さんで平積みになっていた,「消しゴムはんこ」の本には
 必ずと言っていいほど,「ひのでわし」がおすすめされてます。
 ついでに,「てん刻」セットも買っちゃいました。
 これぐらいは,金色さん,買っていいでしょ?笑
 ハンズで売ってますょ~。

 あー長っ!!
 失礼しました・・・。

2006/01/11 (Wed) 11:44 | EDIT | REPLY |   

金色  

熱く語るムッシュー

v-380ベベピウピウさん、あなたの信念や目的が分かって嬉しいです。
理想の材料を見つけて、こだわりを持って作るあたりは、流石!すばらしい。
素材を活かすセンスと、いい意味での頑固さをもった人ならではのお考えです。

ご飯コメント、見ましたか・・ 中途半端めっ!と思われたらヤバイので、書いといてよかったです!

ひのでわし、いい~! 早速ハンズに買いに行きたいのですが、遠くて、一日仕事になるので、今度街に行ったら手に入れます。 

で、私は、前回あんなに 威張ってコメントしたくせに、お箸でお金を取ろうとしてますよね。←がめついぜ!
ついでなので、そのお話を、聞いてくださいませ。


「ナゼにお前は、箸で金を取るのだ?」 と聞かれましたら こう答えましょう。

「誇りと、自信と、愛ゆえに」 (か、かっこいい~)

私の住む所は、六甲から遠からず、近からずの奈良です。
そして、林業の聖地です。
ヒノキと杉だらけです。
世界に誇れる、木があります。

そんな木が、山に放置されています。 私が手を加えることで、箸となり、生き返ります。
本文でフレンチ雑貨、アンティークなものが、おばあちゃんのうちの屋根裏部屋から出てきて、とっても愛しいという表現は、よくよく分かります。
同じく、ヒノキにも言えるような気がします。強引ですが、、。


箸の材料のヒノキが、80年だとすると、曽祖父が植林したもの。
手間隙かけて、育てたもの。
それが、ごくごく身近に捨てられています。

箸、作るっきゃないでしょ!
箸の素材は、一級品です。 私ごときの、手作り箸が市場で売れるのであらば、ヒノキの未来はあかるいでしょ? ひなびた山村の将来にも希望があるでしょ? 

執拗に、ヒノキに拘る理由はこのへんにあります。
吉野から、メッセージをのせて、エコプロジェクトなお箸を、世に出したい! ←お前のブログで叫べよ・笑

あ、あとね、やっぱり お店してる気分を味わって、楽しみたいのです。


お箸売れなくても、ベベピウピウさんの言うとおり、誰かにもらわれて、大事に使ってもらえれば、それはすごく
幸せな事です。実際、お箸を神棚に飾ったり、しばらく使わずに愛でていてくれる人がいるわけだから。。。
箸でそんな関係が築けたら、ヒノキも喜んでくれるでしょう。

「密かな野望」を読んだ時、そんな風にも思えました。
ベベピウピウさんへの共感と尊敬を抱きました。


お・し・ま・い    ”長いよ、金色!もう来るなっ!”



2006/01/12 (Thu) 18:27 | EDIT | REPLY |   

ベベピウピウ  

がんばれ金ちゃんっ!!


そうでしたか~・・・。
ちょっと感動してしまいましたi-259

まず。

金色さん,奈良の方だったのですね~。
(推測は,ハズれました・笑)

実は,つい先日,
薬師寺デビュー(?)したんですよ~。
そして,若草山の山焼きを家族で見に行って,凍えました!!><
奈良は,たとえば,お寺さんが多い,と言っても
京都とはまた雰囲気がぜんぜん違って,とても興味深くて。
お寺のお庭ひとつ取っても,
京都と奈良では,アプローチや解釈の仕方が全く違うのですもの・・・。

ちなみに,わたしは阪神間なのですけど,
実は関西人じゃないのです。
ずっと東京に住んでいて,そのあと,フランスに7年・・・。
でも,縁あって,帰国後,コチラに住むことになりました。

ま,それはどーでもいいのですが。
金色さんの,奈良に対する思い。山とヒノキへの愛情。。。
そんな,深い理由があったのですね。

そして,なによりも,
住んでいる土地に対する愛情と感謝,さらには故郷の未来への「憂い」が,ある。
カッコイイです。
共感しました・・・。

あと,「やっぱりお店を出す気分を味わいたい」。

分かるぅ~><
わたしにとっても,「お店をする」というのは,
幼い頃,ともだちと「お店やさんごっこ」をして遊んだ,そのドキドキと楽しさ。
その延長な気がするのです。

でも,自分が作ったモノを,対価を払ってまで欲してくださる人がいる,ということは
(←いやいや,まだ誰も欲してないですし~・・・わたしの場合。笑)
その無垢な楽しさに加えて,もっともっと,シビアな責任を自分に課すべきなのでしょうね。

だからと言って,子どもの頃のお店やさんごっごの純粋な喜び,
そして,ものづくりの楽しさを決して忘れてはイケナイのだけど,
モノを「売る」ということは,
「自分の作品の質に,限りなく貪欲であれ。妥協するな。」
・・・ということなのでしょう。きっと。

こうなったら,わたしと金色さん,
どちらが先にお店(実店舗でもwebでも)を出せるか,競争しましょう~!!わーいっi-221
・・・な~んて思っていたら,
金色さんてば。
さっさと,カフェに営業に行って,お箸置いてもらってるじゃないですか~!!><
移動雑貨やさんのmeguさんと,お話もどんどん進んでらっしゃるじゃないですか~!!

・・・ま,負けた・・・i-240・・・バッタリ。
いや,そうじゃなくて(笑)。

金色さんの行動力,ほんと,スゴイです。
わたしが,材料にこだわりすぎて,あーでもない,こーでもない・・・と無駄に悩んでいる間に
金色さんは,身近にある,すばらしい材料で
すばらしいモノを作り上げて,お店まで見つけてしまったのですもの。

あーもー,こうなったら応援します!!
あっ。でもこれ以上,だらだら書くのも何なので
お箸に対する意見は,金色さんのブログの方にコメントしておきますね。

”金色さん,これに懲りずにまた来てね・笑”

2006/01/13 (Fri) 17:14 | EDIT | REPLY |   

金色  

あ~、京都の北じゃないです。

 v-252 「モノを売るということは、自分の作品の質に、限りなく貪欲であれ。妥協するな」

このお言葉を、胸に頑張ります!
もう、これでいいかな? これ以上、いいもの作れないや。
とチラッと頭によぎった時に、思い出します。
色々とココに書いてみて、ほんと、良かったです。
v-379

ベベピウピウさん、う~ん、自分に厳しい人なのですね。
「モノを作る」と「モノを売る」って、全く違うことですもんね・・。
私は、モノを売ることに対して、考えが甘いのだと感じました。

でも、売ります(どないやねん!)
このワクワク・ドキドキは、なんともいえない!  楽しい~ 
競争!? オォ~、まだこちらのお箸は、何処にも置いてもらえてないので、同じスタートラインに立ってることになりますね。


私は、フレンチ雑貨の話だけでなく、ベベピウピウさんのてづくり作品(アクセは、あまり分からないのですが)やお店を楽しみにしてます。HPの立ち上げ、頑張って下さい!v-521


あ、そうそう、関西の人かと思ってました。
薬師寺! いいでしょ!
私の中学は、あのすぐ側で、写生会は薬師寺だったのです。
校歌に鑑真(唐招提寺ね)も出てくるのです~♪       ゴーンv-425


2006/01/14 (Sat) 14:26 | EDIT | REPLY |   

ベベピウピウ  

なんだか,もったいない?



「モノを売ることは~云々」は,
実は,ダメダメな自分を戒めるために,反省を込めてつぶやいただけです・・・><

ぜんぜん,自分に厳しくなんか,ないのですよ~。
だから,ダメなんです。

実は,昨日,注文していた素材が届いたので,
アクセサリーを1個,作ってみました。

・・・・・・み,見なかったことに,しよう・・・。

と,思わず,自分のコドモに,目を背けてしまいました。
さんざん,今まで大きな口を叩いて,コレかよ~・・・ってカンジで。
道は果てしなく,遠いようです。。。

金色さんはやっぱり,
はじめから実店舗で試してみよう!と思われたのですね。
すごい勇気だと思います。
わたしなんか,HPを作る勇気さえ,まだないのに。

お箸のディスプレイ,とってもすてきでしたよ~。
梅のフェルト?みたいな飾りも,キュートでした。

お値段とか,もう決められたのでしょうか?
自分の作品に,値を付けるって,すごくキンチョーしそうですよね?
金色さんは,ブログのアンケートでみなさんの意見を募集していたし,
お値段とか,どういうふうになさるのか,とっても楽しみ。

金色さんが作る,ひのでわしで,消しゴムはんこ。
ドキドキです~。
お箸を作ってらっしゃるってことは,
彫刻刀も使われてらっしゃるのでしょうか・・・?
それなら消しゴムなんて,しゅっしゅっしゅ~・笑。

あと,ひのきのお箸の「ブランド名」も付けなくちゃ,ですよね。
きっと,もう考えてらっしゃるのでしょうけど。
それも,タグに記したら素敵。

・・・
写生大会が薬師寺,いいですね~。
わたしは幼い頃から,転勤族の両親といろんな地方に住んだので,
「故郷」や「幼なじみ」がある人が羨ましいな★

とゆーか,
ここで金色さんが,すばらしい意気込みを語ってらっしゃるのに,
なんだかわたしだけ(←たぶん・・・)がそれを独占して伺ってるのは,
なんだか,もったいないです。。。

2006/01/14 (Sat) 18:17 | EDIT | REPLY |   

金色  

な・か・ま♪

v-380お箸の値段や、ブランド名、彫刻刀でしゅっしゅっしゅ~は、自分のブログに書いていきます。

ただ、私のむさ苦しい意気込みは、読んでもつまんない・・とか、ここまで話せない、という気持ちがありました。

《さんざんコチラに書きまくって、今更なにを!笑》



でね、私も父上の仕事で、いろんな地域に住みました。
奈良も今のとこで、3ヶ所目なのです。

小学校は3つ目が、広島でした~
そういえば、広島のクラスに子供なのに、フランス語が流暢な女の子いました!!v-274

2006/01/15 (Sun) 18:18 | EDIT | REPLY |   

ベベピウピウ  

流浪の民♪


えーそうだったのですね!
金色さんも幼い頃からいろいろな所に住まわれたのですね・・・。
それでも,今住んでらっしゃる地方に,
こまでの思い入れと愛情を感じてらっしゃる金色さん。
カッコイイですi-259

広島のクラスの,フランス語の上手な女の子!
それは,わたしです~i-239←バキっドカっ e-262(大ウソ)

今まで住んだ地方は,国内では,今の所で7カ所目です・・・。
フランスでは,地方を含めてフランス国内で8回,移動しました。
ちょっぴり,放浪グセが付いてしまったようです・・・★

お箸の行く末,とっても楽しみにしていますね!i-221





2006/01/17 (Tue) 22:19 | EDIT | REPLY |   

yaco  

ベベピウピウさま
お久しぶりです~♪
こちらでの復活、うれしいです☆
弟さんの壁も、少しずつフランスちっくになっていって・・・
素敵です。

ところで、フレンチ雑貨のこと。。
私もあまり詳しくないですが、
今、価格がすごいことになっているものって、なんだかあまり興味が・・・
沸かないです。
やっぱり、フランスで可愛いマダムとお話しながら(話せないけど・・カタコトで)
見つけた、自分だけの可愛い陶器やカゴなんかに愛着が沸きます。
ふと偶然に可愛いものを見つけた時ってうれしいですよね~

これからもベベピウピウさんのサイト、楽しみにしていますね~♪

2006/01/19 (Thu) 21:08 | EDIT | REPLY |   

ベベピウピウ  

yacoさんだ~★


わーyacoさん!!
お久しぶりです~。
すっかり更新が滞ってしまったコチラのブログに,またお越しくださって
すごく嬉しいです・・・。

うちの弟は,エゴイストな姉を持って,可哀想です・・・笑。

フレンチ雑貨。
日本では価格が高騰しているし,なんだか「猫も杓子も・・・」的な人気なようで
わたしもちょっと,びっくりしています。。。
でも関係者の方のお話によると,
バブリーな時代はそろそろ終わりで,価格は下降気味だとか。
そのうち,流行りに左右されることなく,
本当にフレンチ雑貨を長く愛していけるヒトたちだけが,残るのでしょう。

yacoさんのおっしゃるとおり
自分の足で歩いて,苦労して見つけたモノたち。
そのときの,お店の方とおしゃべりした思い出。風景。
今までその雑貨を大切にしてきた人たちの思い出。

そんなモノが全部混ざり合ってこそ,が,
雑貨への愛情になるのでしょうね。

これからも,ポチポチ更新していきますので,
どうぞ見捨てないでやってくださいね・・・i-265

2006/01/20 (Fri) 11:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  このホームページ(デザイナーが参考にするwebデザイン)の主旨
  • 申し遅れましたが、このblogの主旨は、より多くの素敵なサイトを皆さんに紹介する事にあります。ホームページという本来とってもドキドキするものを、皆さんにもっと楽しんでもらいたいと思って始めました。またはクリエイターの方々の参考になれば嬉しいです。今後新....
  • 2006.01.21 (Sat) 01:58 | デザイナーが参考にするwebデザイン