パリのエスカルゴ大作戦に,アタリさん降伏。

image by © yahoo.fr

のーんびり ・・・。

2月6日の”France2”20時のニュースにて。

以前すこしお話しましたが,サルコジ大統領指示の下,ジャック・アタリ氏がフランス経済復興のための改革案
を盛り込んだアタリ提案書。そのひとつが,都市におけるタクシー業界の大規模な規制緩和です。これに反対
して,タクシー業界がエスカルゴ作戦を敢行!道路をわざとノロノロ運転して大渋滞を巻き起こす,という強硬
手段です。ちなみに,このユニーク(?)な手段,日本の国会で,与党の強行採決に対抗して野党が牛歩戦術
をするのに似ているかも?(この場合は結果的に可決されてしまう場合が多いけれど・・・)日本ではウシさん,
フランスではカタツムリで対抗~!・・・で,カタツムリは意外にも手ごわいみたいです。


キャスター: 『 デモ行進,エスカルゴ作戦,空港や駅周辺道路の封鎖---。タクシードライバー
たちの怒りは今日,新たな形で広がりを見せています。おかげで大都市周辺の交通は麻痺状
態に。ところが午後,事態は新展開を迎えました。マティニヨン(首相官邸)で交渉に挑んだ組
合代表らは,政府が彼らの要求を受け入れたと公表。政府は,アタリ委員会が提唱するタ
クシー規制緩和策を撤回,または再検討
するものと思われます 』


・・・アタリさん,怒り狂ってそう。これが日本だったら,あっという間に規制緩和が実施される
のにね。余談ですが,パリのホテル勤務の知人によると,『 今日みたいにストでタクシー確
保が難しい時は,中国系のタクシー会社が頼りになるんだよ 』 ,とか。なんでも中国系タク
シー会社(もちろんドライバーも中国系)の多くは,ストの有無に関わらず(そもそも組合に入
ってなさそう?)きちんと働いてくれるので,スト中はとても助かるのだとか。『 それに引き換
え,フランス人はほんと使えないよな! 』 ・・・アンタもね。でも確かにパリは,世界一(?)の
観光都市の割にはタクシーが少ない気がします。とくに,最終メトロが終わった後にタクシー
を捕まえるのは至難のわざ。でも,タクシーを捜しながら家の方角へしょんぼり歩いているう
ちに,いつのまにか家のすぐ近所に来ていたり。パリってそんなものかも。いえ,もちろん目
的地にもよるし,暗い夜道は絶対ひとりで歩いちゃだめだし,ピンヒールとか履いてる日には
死にますけど・・・(´・ω・)