眠れない夜に思うこと。


少し、この国を離れていた。
懐かしいこの地に、帰ってきた。

なんだろう。
何かが、おかしい。

帰国したのは、この冬のはじめだった。
これが、「日本」だったのだろうか。

一見、華やかなこの社会。
きれいなものがいっぱい。
楽しいことがいっぱい。
不況なんか過去のこと、だそうだ。

「勝ち組」にだけスポットライトをあて,
「負け組」は、社会の恥だと糾弾する。
「格差が広がることは悪いことではない」、とうそぶく国の長。

愛国心?
『 国を愛せよ 』と強要する国を空恐ろしく思うのは
『 非国民 』なのだろうか?

常任理事国入り?
アメを鼻先にぶらさげられ、なりふり構わずお金をバラまく前に
為すべきことがあるはずだ。
日本が「敗戦国」であることを忘れるには、
傷つけられた人々の傷口はまだあまりにも深く、
償いは終わっていないのだから。

憲法9条改正?
9条は、今の日本が世界に誇れる,
数少ないわたしたちの信念であり、理想であったはず。

武器を持たない。
戦争を放棄する。
何を恥じることがあるだろう。
狂いはじめたゲンダイニッポンの、おそらく唯一の「良心」。

世界の人たちが、安らかに平和に暮らせるために
できることは何だろう。
それぞれの国が武器を持ち(核兵器も)、強力な軍事力を持つことだろうか?
それとも、すべての国が勇気をもって、一切の武力を放棄すること?

答えは、自明だろう。

キレイごと?
理想論?

理想なくして、何を為し得ることができる?


ポピュリズムの大勢(たいせい)に身を任せるのは、とても気持ちいい。
異なる意見を持つ人は、「異端児」として大勢で攻撃し、排除しよう。
TVが垂れ流す情報を鵜呑みにし、みんなと同じ意見を持つことで
安心感を抱く。

何も考えなくていい。
「世論」は、与党と手を組んだメディアが形成してくれるもの。

金魚鉢の中の金魚のように、ぬくぬくしていられる。
その浄化された水の中に、ひそやかに混入された毒に気づく必要さえ、ないのだから。



そうして、日本は世界から徐々に孤立していくのだろう。
自身がそれに気付くことなく。

自分の力で、頭で、考える人が少なくなったこの国。
だからこそ、この国で考えていきたいのに。
この国はそれを許さない。

6 Comments

chisato  

ベベピウピウさん!!!
お帰りなさい!
今日、アクセスしてとってもびっくりしました。
時々寄らせていただいていました。
お引っ越しのあと、まだまだ大変なことも多いと思いますが、
どうぞ無理なさらないでくださいね。

2006/02/11 (Sat) 18:31 | EDIT | REPLY |   

ちぇぶ  

こちらは久々ですみません!!そうかぁまるでカルチャーショックというのか、、、なんというか。。。たしかに地に足が着いてない社会だなぁと感じます。後戻りできない、、、不安定ですよね。

2006/02/12 (Sun) 02:35 | EDIT | REPLY |   

ベベピウピウ  

chisatoさん,ただいまです~!


i-260chisatoさん,
「ただいま」のご挨拶が遅れてゴメンナサイ!!
それなのに,わざわざ来てくださって恐縮です・・・><。
でも,うれしい。。。

帰国直後は,やっぱりイロイロありましたが(笑),
やっと落ち着いてきました。
こんなダメダメなわたしですが,これからもどうぞよろしくお願いします!

2006/02/12 (Sun) 19:39 | EDIT | REPLY |   

ベベピウピウ  

ちぇぶさん,いらっしゃいませ☆


i-221わー,ちぇぶさんだ!!
こんな辺境(笑)にも来てくださって,うれしいです~。

・・・この記事,最近いろんなことをグルグル考えていて,
思わず書き殴ってしまったのですけど,
実はすぐ削除するつもりで・・・ああ~,恥ずかしいです。。。

でも,そうですね・・・。
久しぶりの日本は,ちぇぶさんのおっしゃるとおり
なんだかふわふわしていて・・・。
わたしが馴染めないだけなのかもしれないのですけど・・・。

2006/02/12 (Sun) 19:47 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/10/15 (Sun) 07:57 | EDIT | REPLY |   

bebepiupiu*  

i-40 to: Eさま

こんな記事まで読んでくださって,ありがとうございますー!
(久しぶりに読み返してみたら,誤字脱字だらけでした・・・i-229

わたしもフランスで
運良くさまざまな思想・主義に触れる機会に恵まれましたが,
帰国して,この国の変わり様に,正直ぞっとしました・・・。

確かに,日本の英語熱はすごいですよね。
語学もある程度のレベルまでは誰でもいけるのでしょうけど,
大切なのは,きっと『その後』なのかもしれません。。。(←多分に自戒をこめて・・・)

Courrier Internationalまで読まれているのですね!
すごいです・・・。
わたしは,とてもそこまで手が回りません~。
もしよろしければ,うちの記事の訳のミスもこっそり指摘してくださいませ~。←コラコラ。

2006/10/16 (Mon) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment