* のどが渇いたら・・・C'est si bon !

photographed by © bébépiupiu*


よっぽど,おいしいんだろうなあ。

男の子がジュースの瓶をたくさん抱えて,
4本のストローからジュースを飲んでます。

男の子の帽子に書かれている,Vérigoud(ヴェリグー)は
フランス語の”gout”(グー ; 味)に,英語の”Very good”をかけたもの。
・・・ダジャレです。
Véritable gout (ヴェリタブル・グー=本物の味)という意味も
込められているのかもしれませんね。

このぽってりした厚みのある陶器の入れ物,
50-70年代のストロー立てなんです。
当時,フランスの子供たちに人気だったドリンク,”Vérigoud”(ヴェリグー)のノベルティとして,
カフェなどに配布されたもの。
その昔,カフェのカウンターなどに置かれていたのでしょう。

Vérigoudの生まれ故郷は,
当時まだフランス統治下にあったアルジェリアはBoufarik(ブファリク)という,小さな町。
ブファリクは”オレンジの街”と呼ばれたほどオレンジの産地として名高く,
あのオランジーナも同時期にこの町で産声を上げたそう。

ヴェリグーは,大きな瓶入りの濃縮シロップから始まり,
ソーダタイプ,グレープフルーツ味,オレンジ,レモン,マンダリン・・・と
バリエーションが増えていったようです。
今はすっかり忘れ去られた昔なつかしフランスの味だけど,
どうやら復刻バージョンが細々と製造されているとか。

男の子のイラストは,レイモン・サヴィニアックさんによるもの。
このストロー立て,えんぴつを入れるには背が高すぎるので
わが家ではものさし入れとして重宝しています。
(ものさし,好きなんです・・・)

いつもお世話になっている,フレンチヴィンテージに造詣の深いインコさんによると,
このストロー立ては年代(50,60,70)によって,
カラーやデザインのディテールが異なるとか!

・・・ということは,うちのヴェリグー坊やは一体何年代生まれなのでしょう・・・?
ご・・・50年代?ナゾです・・・。

4 Comments

インコ  

ヴェリグー坊やは、もうすぐ還暦!

だと思うと、もう、ジュースを飲んでるんじゃなくって、

ワインでグダグダに酔っ払っているのかも...

顔が赤すぎるものね(笑)

2008/06/08 (Sun) 04:27 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-77 to : インコさん

留守中に闇のインコ帝国に侵略されてやしないかと,
ドキドキしてましたi-278

そっかぁ・・・ヴェリグー坊やももう還暦なのですね!
確かに言われてみれば,
酔っ払ってるようにしか見えなくなってきました★

酔っ払いおやじぃ♪

2008/06/11 (Wed) 01:25 | EDIT | REPLY |   

インコ  

 ベベさんが、「1週間程留守にします」って前置きするもの
だから、
「罠の匂いがプンプンするぞ!こういう時は、わざとノーマル
なコメントを残すことが、後々の駆け引きに効いてくる
のじゃ!」っと、インコは申しておりました。

 「後の駆け引き」ってなんなんでしょうね?多分、本人、
何にも考えないで口走ってるみたいなんですけどね。でも、
天性の行き当たりばったり主義のインコなので、偶然にも
そんなめぐり合わせが起こるかもしれませんから、ご用心する
ことに越したことはないかもしれません(うそ)。(召使2)

2008/06/11 (Wed) 23:12 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu*  

i-77 to : インコさん

> インコさん,

わたしもインコさんのあまりに常識的な(?)コメントに,
これこそ罠じゃ!?・・・と
ビクビクしてました~。

しかし,後々の駆け引きってi-191

> 召使2さん,

用心するに越したことはない!?
お,脅しだ~i-282 さすがインコ大魔王の忠実なる召使さん!
(あれ?召使さんって何人いるんだっけ・・・)
『 偶然のめぐりあわせ 』とやらに遭遇しないように,
今夜は十字架とにんにくを窓に吊るして
寝ることにします~e-277 ブルブル。

2008/06/13 (Fri) 01:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment