* アーツ&クラフツ展 at 京都

image by © bébépiupiu*
 Arts&Crafts---William MORRIS etc

19世紀後半にイギリスで興った芸術運動,「アーツ&クラフツ」。
その軌跡をたどる展示会に誘われ,
京都国立近代美術館に行ってきました。

モリス商会がデザインした当時の貴重なファブリックや家具,
書籍などが展示されていて,
デザインの観点からも非常に興味深いものがあります。

産業革命により工場での安価な大量生産が可能となり,
めざましい発展を遂げた19世紀イギリス。
しかし反面で質やデザインの劣化を危惧したウィリアム・モリスやジョン・ラスキンは,
失われつつあった手仕事のよさを再確認し,伝統と自然の美しさを称えた芸術を
生活に取り入れる運動を提唱。
それが,アーツ&クラフト運動なのだそうです。
その運動はまたたく間に西欧・東欧,そしてアメリカや日本にまで広がり,
各地でそれぞれの形に昇華していきます。

経済最優先主義の現代日本から見ても,
学ぶことの多い企画かもしれません。
そして,そんな日本の中でも
今なお脈々と受け継がれる伝統と,それに培われた芸術的な手仕事を重んじる京都は,
それを紹介するにふさわしい都市かもしれませんね。

細やかな手作業によって作られた,田園風景や草花をモチーフにしたファブリック,
芸術的な家具,繊細なカリグラフィー,装飾の施された本。
そこには美しいだけではなく,
まして一部の特権階級だけに独占されるものでもない,
生活に根ざした力強さとリアリティがあります。

ちなみに,写真手前に写っているフニフニした紫色の紙は,
しわくちゃになった入場券を必死に伸ばして再利用してみました(^-^;;)

ありとあらゆるデザイン,
チープでキッチュなものから,贅を極めた高価なものまでが無秩序に氾濫する
今だからこそ,見ておきたい展示会でした。

Life and Art ; Arts & Crafts From Morris To Mingei