【VOYAGE Vol.14】  パリ名物といえば・・・

*photographed by © bébépiupiu* / la mi-décembre 2008
どーんっ!

今日の午後は,銀行に用事があったので,
バスで左岸から右岸に移動。

ところが,バスに乗車したのも束の間,
ワラワラと集まってきた警官たちが,車道にバリケードを張りはじめました。
何この既視感。いや,まさか,そんな。
気が付くと,道にはプラカードを手に気勢を挙げる人たちが急増。
出たか,パリ名物デモ行進!

サンジェルマン(6区)側からまっすぐ北進するはずが,
バスの運転手さんときたら,
「ご覧のような状況ですので(オイ),今日は7区側から迂回して右岸に行きます。
 その間の停留所はもちろん停まりませんから」
・・・と,さらりとアナウンス。
お客の大半は,ブツブツ言いながらバスを下車。

さて,銀行が閉まる前に着くためには,彼らにならってメトロに乗り換えるべきか。
でも,銀行の担当者とランデブーを取っているわけではないので
別に後日でもいいのでは。
・・・などと,ぐるぐる考える約1名を含む残り客を乗せ,バスは
ヒステリックに鳴り響くクラクションに巻き込まれてゆくのでした。

ただならぬ大渋滞の中,バスは常ならぬ道のりを
のろのろとマイペースで走ります。

エッフェル塔の巨大な足元をのんびりとおり,
優雅なアレクサンドルIII世橋を左手に眺め,
厳粛な国会議事堂の正面で長時間停車し,
(渋滞に巻き込まれて身動きが取れなくなった模様)
お互いに譲り合いの精神のかけらもないドライバーたちの罵りあいをBGMに,
なんとか右岸へ。

バスの中も,ようやくリラックスした雰囲気になりました。
わたしのお隣に座っていた年配のマダムが,
「あなた,思いがけずパリ観光が出来たわね」 と,にっこり。

さすがは(?)パリジェンヌ。
やっぱり,ポジティブシンキングでなければ,
ストレスフルな街パリでは生きてゆけないのかもしれません・・・。

さて,肝心の銀行はと言えば,
さんざん迂回して,渋滞に巻き込まれたバスが着いた頃には,
とっくに閉まってました。

PS ; ちなみに写真は12月半ばに撮った凱旋門です。
デモのお話は11月末。直接関係した写真がなかったので,無理やり持ってきました・・・(汗)。

0 Comments

Leave a comment