* 映画 「サガン」 


”人生とは,趣味の悪い冗談ではないかと
思うことがあるの”
 (サガン)

Il m’arrive de trouver que la vie
est une horrible plaisanterie.
( dit, Françoise SAGAN )


SAGAN” (サガン) (2008/110min) de Diane Kurys

 Official Sites フランス版日本版
先月末,フランソワーズ・サガンの一生を描いた映画「サガン」を観てきました。公開後間もないにもかかわらず,上映される都内の映画館がBunkamuraのル・シネマと銀座のシネスイッチだけ,という,ちょっと寂しい封切でしたが・・・。原題はシンプルに「SAGAN」ですが,邦題は「サガン - 悲しみよこんにちは- 」。いや,サブタイトルは余計だろ,と思わずツッコミたくなるのは天邪鬼でしょうか・・・。ちなみに,わたしがこの映画を観たかった最大の理由は,主演がシルヴィー・テステュー( Sylvie Testud )だったから,でした。妥協のない役作りで定評のある彼女は,観客に常に期待以上のものを見せてくれる実力派女優です。(この役でセザール主演女優賞を受賞したとか) ただ,「作品」としては,今回は個人的にちょっと期待が外れてしまったのですが・・・。以下,感想ともあらすじともつかぬものを。

*    *    *    *    *    *    *    *    *    *

 あらすじのような,そうでなような :
 サガンの波乱に満ちた一生は,映画監督たちにとって,一度は自分の手で映像化したい衝動に駆られる,魅惑的な素材であるに違いない。
 自伝的要素が強いと言われる,「悲しみよこんにちは( Bonjour Tristesse )」を読むと,裕福なブルジョワ一家に生まれ育った若かりし頃の彼女の生活様式が詳細に描かれ,それだけでも十分興味深い。「悲しみよこんにちは」の主人公セシールは,パリ17区に育ち,サンジェルマン・デ・プレのクラブに毎夜通い,コートダジュールでバカンスを過ごした,無邪気にして残酷,繊細にして奔放な,サガン自身であった。
 今回の映画は,「その後」から終焉までが描かれる。すなわち,サガンが弱冠18歳にして,デビュー作「悲しみよこんにちは」で衝撃的な文壇デビューを果たすシーンからストーリーが始まる。若くして得た名声と栄光の裏で,一度は子供を授かったものの,二度の結婚に失敗。絢爛豪華にして退廃的な生活の中で,次第に「愛される」ことに執着していく。極端に孤独を恐れる彼女は,自分の地位と名声にむらがる人たちと本当の友人を混同し,さらに孤独に苛まれる。
 かつての夫たちや友人と奇妙な同居生活を始め,共にバカンスを過ごし,その莫大な費用をすべて自分がもつことで,周囲を引き留めようと試みる。印税はすべて遊興費や贅沢品,カジノ,取り巻き達のために泡のように浪費されていった。
 ある日,サガンは自分が引き起こした交通事故で重症を負い,その痛み止めとして処方されたモルヒネを,寂しさを紛らわせるために常用するようになる。今やサガンは,インスピレーションが尽き,かつてのみずみずしい感性を失った,自身の「影」でしかない。取り巻きは次々と彼女から去っていく。
 彼女の良き理解者であった兄ジャックは,現実を直視しようとしない妹に厳しい忠告を与えるが,彼女に疎まれ,失意のうちに姿を消す。やがて,サガンが最も愛した親友ペギーも不治の病に侵され,あえなく息を引き取った。サガンに残ったのは,猫と莫大な借金だけであった。
 病に倒れ,病院に収容されたサガンを見舞う者はもはやいない。賞賛と名誉を欲しいままにしたかつての大作家の窮状を見かねた家政婦は,サガンの一人息子でありながら,母親の愛情を知らずに育ったドゥニ( Denis )にひそかに連絡を取る・・・。


お話はこんなかんじですが,「伝記」をそのまま映画にシフトしたような構成のため,全体的にメリハリがなく,観終わった後の余韻もあまり感じられませんでした。サガンの複雑で繊細な心情を深く追求することなく,有名な逸話やイベントを詰め込んだ感は否めません。とはいえ,サガンの兄を演じたギヨーム・ガイエンヌ( Guillaume Gallienne )の繊細な演技と,ジャンヌ・バリバール( Jeanne Balibar )演じる強く優しいペギーの圧倒的な存在感,そして60年~70年代の時代の空気をスクリーンを通して感じられたのは幸いでした。

10 Comments

インコ@サガンと酢は健康によいか?  

  DVDになったら観てみる。うん。

2009/07/21 (Tue) 23:13 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu@それはなんとも  

i-77 to : インコ@サガンと酢は健康によいか?さんへ

インコさん,こんばんは!

ではではぜひDVDでご覧ください~。
・・・というか,とても悲しいストーリーなので,
誰かと一緒に観に行っても,その後話がはずみませんが・・・。
インコさんは最近映画をご覧になられましたか?
上映中の作品でおすすめとかありましたら,
ぜひ教えてくださいましi-221
(DVDプレーヤーを持っていないので,DVDは観られないのですi-241

2009/07/21 (Tue) 23:36 | EDIT | REPLY |   

インコ@グリーンハウス  

  悲しいの???泣くぞ、僕、泣き虫だから(うそ)...。

 映画...皇帝ペンギンが...泣き虫なので(うそ)、

 一向に先へ進めません。会社の近くに「ギンレイホール」という

 名画座があって、年間パスポートで通うつもりでしたが、

 未だ実現せず。インコ邸の隣にはシネコンもあるのですが

 行ったことなし。ですから「おすすめ」なし(イジワルなの)。

 昔の映画だったら「ドンカミロ」の牧師さんシリーズが好き!

 (でも、泣く!)

 

  DVD?パソコンで再生できない?

2009/07/22 (Wed) 22:32 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu@めんどくさがりーの  

i-77 to : インコ@グリーンハウスさんへ

インコさん,こんばんは~。

インコさん,泣き虫なんですか?
わたしとどっちが泣き虫か競争しましょう★
(↑いや,だからインコさん,「ウソ」って言ってるし)

そうそう,インコさんは「皇帝ペンギン」のDVDで購入されたと
おっしゃってましたよねi-265
わたしもその時,絶対観たいと思ったのに
まだ観てないのです・・・i-229

名画座かぁ・・・うーん,すばらしい!
ギンレイホール,調べてみます★
(あ,あとドンカミロも・・・)
インコさんは映画環境にとても恵まれていらっしゃるのですね。

DVD,はい。ご指摘の通り,うちのPCでも再生できます(^-^;;)
でも,あの・・・レンタルすると,返却するのが面倒なのでe-277

2009/07/25 (Sat) 23:41 | EDIT | REPLY |   

インコ@グリーンハウス炎上  

  レンタル?

 めんどくさがり-な人(もしくは、ぱんださん)は

 買うべし。

2009/07/26 (Sun) 21:52 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu@びんぼーの  

i-77 to : インコ@グリーンハウス炎上さんへ

燃えちゃったんですか・・・?グリーンハウス。

> 買うべし。


・・・って,いとも簡単に~。
そういえば,確かインコさんは
セレブぅなインコさんだったはず。うんうん。

2009/07/29 (Wed) 00:21 | EDIT | REPLY |   

インコ@料亭「てのり」  

  とっくの昔に燃えちゃいました>グリーンハウス(映画館)

 
  もちろんセレブタインコ...ぶた?...もちろん

 セレブぅなインコは、見せ掛けのエコ主義者のため

 セコハン専門だす。

 あくまで、えせエコ主義者として、下々の者達を錯覚させるため

 だす!!!

2009/07/29 (Wed) 22:44 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu@びんぼーの  

i-77 to : インコ@料亭「てのり」さんへ

グリーンハウスって映画館のことだったのですね。
てっきり,インコさんちの温室かと思ってましたi-265
(それも燃えたら困るけど)

セレブタ・・・じゃない,セレブぅなインコさん,
そんなに下々の者に気を使ってくださらなくても
大丈夫ですってば~。
黒パンダはしぶとくしたたかに,
この東京の空の下で雑草のようにがんばります★

2009/08/02 (Sun) 00:01 | EDIT | REPLY |   

インコ@料亭「てのり」  

  黒パンダさん、がんばれ~(泣)...www

2009/08/02 (Sun) 01:25 | EDIT | REPLY |   

bébépiupiu@びんぼーの  

i-77 to : インコ@料亭「てのり」さんへ

インコさん,
応援してくださるのはとってもうれしいのですけど・・・

最後の www に
インコさんの本心が思いっきり表れている気がするのは
気のせいでしょうか~e-277



2009/08/03 (Mon) 21:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment